説明文は工場点検当時の内容です。その後、仕様変更や廃番になった商品もあります。ご了承ください。

手焼やき麩

2011年8月30日、株式会社半兵衛麩 美山総合工場へ工場点検に行きました。
京都生協コープ商品手焼やき麩の製造工程や衛生管理についてチェックしてきました。

01yakihu.jpg

京都生協コープ商品手焼やき麸は、1980年に開発されました。
開発当時はふくらし粉(膨張剤)を使ったやき麩が一般的だったようですが、京都生協コープ商品として「よく膨らませるよりは密度の高い麩を作ろう」というコンセプトで開発されました。

もち粉が入っているので、きめ細やかな舌触りと、つるりとした食感が楽しめるロングセラー商品の一つです。

02yakihu.jpg

やき麩は、練りだし後の麩の生地をアツアツの鉄板の上で均等に伸ばして、ピシッと揃った状態で置いていきます。
近寄るだけで鉄板の熱さが… 、ヽ`(~д~*)、ヽ`…(汗))

そして蓋をして少し待ちます・・・・・・。




03yakihu.jpg


04yakihu.jpg

焼き上がりました!
焼麸ですが、まるでフランスパンみたいに、外はカリッと中はもっちり食感です。
なぜ食感を知っているかというと・・・
 ・・・点検者の特権で試食させてもらいました。えへっ /(*^0^*)




05yakihu.jpg

このあとしっかり乾燥させ、短くカットし、さらに乾燥させてようやく完成です。





06yakihu.jpg

包装室には京都生協コープ商品用の包材がありました。
機器や室内の衛生などの管理状況を確認しました。





07yakihu.jpg

写真のように、半兵衛麩さんでは整理整頓の一環として、使用する器材の定位置管理の徹底に取り組んでおられます。

これだと決まった場所にきちんと置かれているのが、誰の目にも一目瞭然にわかりますね。整理整頓は衛生管理を徹底させ、作業ミスを減らすとともに、作業効率を向上させるという、とても有効な取り組みです


(ご家庭でも、必要なときに認印や爪切りなどがいつもの場所になくて、慌てて探したりしませんか? 整理整頓は、食品工場だけの取組みではないんですよ!(^-^;)ゞ)



このページの先頭へ