説明文は工場点検当時の内容です。その後、仕様変更や廃番になった商品もあります。ご了承ください。

角切昆布

%E5%95%86%E5%93%81%E5%86%99%E7%9C%9F.JPG



2014年9月25日、ヤマトタカハシ株式会社へ
工場点検に行きました。
京都生協コープ商品の角切昆布の製造工程や衛生管理などについて確認しました。

%EF%BC%B0%EF%BC%91.jpg

>京都生協コープ商品の「角切昆布」は北海道日高産の昆布が原料になっています。
原料の倉庫、伝票、記録から産地に間違いないことを確認しました。

ちなみに、昆布は呼吸させるため箱は密閉されていません。

%EF%BC%B0%EF%BC%92.jpg

これが昆布の選別基準です。↑
下の方が京都生協の基準(日高産)です。
この基準に合わないものは京都生協の製品として認められません。

%EF%BC%B0%EF%BC%93.jpg

昆布を切断する機械です。↑

%EF%BC%B0%EF%BC%91%EF%BC%93.jpg

ふたを開けると選別された昆布が袋に入って保管されていました。
これから1個1個袋詰めされていきます。

%EF%BC%B0%EF%BC%95.jpg

切断された昆布は、1個1個計量され、丁寧に袋詰めされていました。
昆布が置かれているステンレスの台もきれいに清掃されていることを
確認しました。

%EF%BC%B0%EF%BC%96.jpg

入場手順が掲示されていました。
これがあれば、どんな人でも間違えることはありませんね。

%EF%BC%B0%EF%BC%97.jpg

粘着ローラーです。作業着についている髪の毛や異物を取り除きます。
ここからは見えませんが鏡も別面にあり、目視しながら
ローラーがけができるようになっています。

%EF%BC%B0%EF%BC%91%EF%BC%92.jpg

?袋詰めされた製品です。
?ここで1つ1つ密封する作業になります。
合わせて、賞味期限の印字もここでおこないます。
?ここで金属異物混入の確認、重量確認がおこなわれます。
問題があれば、ここで振り分けられ製品としては出荷されません。
?すべての検査に合格した製品です。ここから出荷用に箱詰め作業になります。

%EF%BC%B0%EF%BC%99.jpg

ちなみに、不合格になった製品はここでいったん保管され、
原因究明がおこなわれ、今後の対策がとられることになります。

万が一、問題があってもあとで検証できるように製造した日ごとに
製品が保管されています。これも安心のための作業の一環です。

%EF%BC%B0%EF%BC%91%EF%BC%94.jpg

このページの先頭へ