« 2012年5月 |2012年6月 | 2012年7月 »

「消費税増税」の審議に関わる要望

2012年6月28日

 京都生活協同組合は、「消費税増税」の審議に関わる要望書を、野田総理大臣に対し送付しました。

【要望書】
内閣総理大臣 野田 佳彦 様

京都生活協同組合
理事長 二場邦彦


「消費税増税」の審議に関わる要望


 6月26日の衆議院本会議で「消費増税法案」を含む税と社会保障の一体改革関連8法案について賛成多数で採択されました。消費税増税についての世論が二分されているなかで、所得の低い層ほど負担が重くなるという性格(逆進性)をもつ消費税の増税と、それに関連する社会保障改革で掲げている政策について、十分論議されないなかで採択された事について大変遺憾に思います。
京都生協はこれまで、社会保障と税をめぐる状況を組合員が理解し、考えが深まり、組合員一人ひとりが判断できるよう学習会を開催し、また日本生協連主催の「社会保障と税のあり方を考えるシンポジウム」に参加するなどして、学習活動を広げてきました。
しかし、現状では、国会での政策的論議が不十分なまま、そして国民のもつ疑問が解消されず、世論が二分されたままで、消費税の増税だけが先行する恐れがあります。
これらの点を踏まえて、以下の3項目について要望します。

1.消費税については逆進性があり、増税による家計や経済への影響は大変大きいと言えます。増税せざるを得ない場合でも、食料品については非課税とするように検討を進めてください。

2.消費増税だけを先行させるのではなく、社会保障制度改革や消費税以外の税制改革も含めた論議をしっかりと進めてください。  

3.国民にこうした議論の全体像を示した上で、総合的に丁寧な審議を進めることを求めます。

以上 

ピースパレード2012を行ないました

2012年6月28日

6月21日開催、ピースパレード2012
「勇気を出して 京都のまんなかで“平和”を叫ぶ!」の報告

 20120626_peace1.jpg  京都府生協連主催のピースパレードに、約150人が参加しました。

 参加者は円山公園ラジオ塔前で出発式を行ない、地域の組合員さんから託された平和へのメッセージを発表しました。
 20120626_peace2.jpg 20120626_peace3.jpg
 20120626_peace31.jpg 20120626_peace32.jpg
 20120626_peace33.jpg 20120626_peace34.jpg
 各ブロックとも工夫を凝らした仮装で、にぎやかに発表

 祇園石段下で東京からリレーされてきた「国民平和大行進」と合流し、そのまま四条通り?四条河原町?京都市役所まで行進しました。
20120626_peace6.jpg 20120626_peace5.jpg 20120626_peace4.jpg
小雨の降る中、今年は各ブロックごとのテーマカラーで統一し、元気よくパレード

 20120626_peace7.jpg
 沿道の皆さんに手を振りながら、平和への願いをアピールしました。

ピースパレード参加団体:鳥取県生活協同組合連合会・京都医療生活協同組合・京都府庁生活協同組合・大学生活協同組合京都事業連合・大学生協京滋・奈良ブロック・京都府生活協同組合連合会・コンシューマーズ京都・京都生活協同組合

震災支援餅つき大会へ向けてのもち米を植えました

2012年6月27日

東日本大震災復興支援
京都生協職員ボランティア
京都生協職員ボランティア「援農隊」

0619_1motigometaue.jpg
 6月10日(日曜)午前10時から鳥取県船岡にて、震災支援餅つき大会のためのもち米の田植えが行なわれました。京都生協職員ボランティア11名が参加し、鳥取県生活協同組合のボランティア、労農市民会議、ふなおか共生の里のメンバーや鳥取県畜産農協など総勢約40人といっしょに、一列に並んでの手植えを行ないました。
 参加者の中には農家の方もおられましたが、「こんなにたくさんの人が集まり手植えをしたことがない」の声が上がっていました。
0619_2motigometaue.jpg  0619_3motigometaue.jpg
 秋に収穫されるもち米は、11月に鳥取県や京都生協本部で餅つきを行ない、今年も東日本大震災で被災された宮城県南三陸町などに届けられる予定です。
2011年の餅つきの様子はこちら⇒京都生協本部で大震災復興支援餅つき大会を開催


※今回鳥取県での京都生協職員ボランティアによるそのほかの活動
6月9日(土曜)
<ふなおか共生の里づくり活動を行う「もえちゃん」(※)主催の田植え体験イベント>
0619_4moetaue.jpg 0619_7moesan.jpg
体験イベントの名前にはふさわしくないほどの広い田んぼを手植えし、隣どうしでおしゃべりしながらの体験となりました。
※ふなおか共生の里づくり活動に鳥取県旧船岡町の農事組合法人や鳥取県生活協同組合などでつくる実行委員会で取り組んでいます。東京都出身者や鳥取大学のOBら6人の若者が古民家に移り住み地域づくりを支援し、その中の一人が今回田植えを主催した「渡辺萌生」さん(通称:もえちゃん右上写真)です。

<夕方は、バーベキューでの交流会>
0619_6kouyuu.jpg 0619_7kouyuu.jpg
Uターンで鳥取に帰ってきたご家族や地元志子部(しこべ)地区の皆さんも参加して、にぎやかな交流会でした。

6月10日(日曜)午前8時
<限界集落周辺(山すそ、お墓周り)での草刈作業>
0619_8kusakari.jpg
以前は、畑や田んぼだったところも、人の手が入らないと山の草木が押し寄せてきて、お墓も山に飲み込まれそうな状態です。集落周辺を10台の草刈機を使い、山すその草刈りを行ないました。
0619_9kusakari.jpg 0619_10kusakari.jpg
地元テレビ局も取材に来られました。

<産直鳥取牛の餌となる飼料稲の田植えも見学>
こちらは機械で田植えします。飼料稲は食料用とは違う品種で、普通の稲の倍近い長さに成長し、たくさんの藁(わら)ができます。
0619_11siryouine.jpg 0619_12siryouine.jpg
写真左:鎌谷晴菜さん「まっすぐ進むのって意外と難しいんです」 右:トラクターの運転体験の様子

福知山エコファーマーフレッシュBOX初出荷式を開催

2012年6月25日

京都生活協同組合

6月24日(日曜)、福知山エコファーマーフレッシュBOX(ボックス)初出荷式を行ないました。
 20120625_box1.jpg
写真:箱詰め後の記念撮影
「福知山エコファーマーフレッシュBOX」は、地元の農家の皆さんが作った新鮮な野菜を、地元の組合員が利用するという地産地消の取り組みです。

20120625_box2.jpg 20120625_box3.jpg
写真左:福知山市の組合員も参加し生産者と交流 右:ぎっしり詰まったボックス

 箱詰め作業の後、福知山地場野菜生産出荷組合連絡協議会菊田会長より
「今年も台風4号の影響でほうれん草が大根に替わってしまうなど、いきなりのアクシデントはあったが、配達予定数の2倍以上の注文がくるなど組合員さんの期待は大きい。最後までしっかり頑張ってやっていきたい」とのご挨拶を頂戴しました。
 このボックスは、福知山市の組合員限定企画で、4週間配達を行います。

関西電力大飯原子力発電所3、4号機の再稼動についての要請

2012年6月20日

 京都生活協同組合は、関西電力大飯原子力発電所3、4号機の再稼動についての要請書を、野田総理大臣に対し送付しました。

【要請書】
内閣総理大臣 野田 佳彦 様

京都生活協同組合
理事長 二場邦彦


関西電力大飯原子力発電所3、4号機再稼動について


 京都生活協同組合は、4月13日に野田総理大臣宛てに文書を送り、関西電力大飯原子力発電所3、4号機の再稼働の対応について「福島事故の原因を踏まえた安全基準を作成すること」「安全確保の最優先を論議の中心にすること」「情報公開をもとにしての住民参加が必要であること」を要請し、それらへの理解をもって、決して拙速な稼働開始判断は行わないでいただきたいことを求めました。
 今後の電力不足による社会的な影響は推測できるものの、それらの要請に具体的に応えることなく、6月16日に大飯原子力発電所3、4号機の再稼働が決定されました。安全性確保の対策が完成していない段階で決定されたことは、きわめて遺憾です。
京都生協は政府に対し、あらためて以下の対応を要請いたします。

1.再稼働によるリスクを否定することはできません。電力不足の程度、その社会的影響と対応の可能性などについて、国民が主体的に判断できる客観的な情報の開示が必要です。国民に分かるように徹底した情報公開を行い、国民が主体的に参加できるようにしてください。 

2.大飯原子力発電所3、4号機再稼働中の安全性確保対策についても、徹底した情報の公開とリスクコミュニケーションを行ってください。  

3.私たちは、日本生協連の「エネルギー政策の転換をめざして」に示したように、原子力発電に頼らないエネルギー政策への早期の転換を要請しています。そのために必要となる再生可能エネルギーの急速な拡大や省エネルギー(節電)などについて、政府の政策を明示してください。その実現への努力と協力を惜しむものではありません。

以上 

コープうめづデイサービスが開所しました

2012年6月15日

京都生協
福祉事業部

京都生協で2か所目の「コープうめづデイサービス」が開所しました!
20120607umeduday1.jpg
写真は管理者の平林さん(左)と生活相談員の井上さん(右)

■ご利用対象:要支援・要介護認定を受けておられる方
■サービス提供時間:月曜?土曜午前10時?午後5時
             (祝日は営業します)
■休業日:日曜および年末年始(12月29日?1月3日)
■利用定員:10名(1日)
■食事代:600円(1日)
■送迎エリア:
 北は丸太町通以南、東は葛野大路以西、西は嵯峨街道以東、南は五条通以北

20120607umeduday2.jpg
見通しのよいワンフロアーを使用。和室・テーブル席のお望みの空間でおくつろぎいただけます。


大きな地図で見る
住所:京都市右京区梅津徳丸町17-6
お問い合わせは
電話番号:075−881−8612 ファックス:075−881−8611
コープうめづデイサービスまで

学校図書館げんきプロジェクトにご協力をお願いします

2012年6月11日

京都生活協同組合

20120608genkijp.bmp    被災地の学校図書館に地元書店から本を寄贈するための募金に取り組みます。

■共同購入・個配
・期間:6月4回?7月3回のOCR注文用紙
    (インターネット注文eフレンズでも募金できます)
・注文番号:827「学校図書館PJ」(一口100円)
       ※ポイントによる募金は注文番号:279960です。    

■店舗
6月11日?7月10日の間、サービスカウンターに専用募金箱を設置します。

学校図書館げんきプロジェクトについての詳細はこちら ↓
                全国学校図書館協議会ホームページ

飼料米の田植えが始まりました

2012年6月 6日

京都生活協同組合

今年もさくらこめたまごのための飼料米の田植えが始まりました。 taue1.jpg

6月3日、京田辺市薪地区で飼料米の田植えを行ないました。
京都生協組合員のほか、まちづくり市民ねっと京田辺のみなさんも参加し、一本ずつ手で植えました。
taue2.jpg taue3.jpg

今年度は、新たに南丹市八木地区でも飼料米栽培の取り組みが広がっています。

taue4.jpg さくらこめたまごの飼料米は、人の手による草取りなどが必要です。
 今後も飼料米育成状況を報告します。


 さくらこめたまごについてくわしくはこちら
⇒さくらこめたまごって?

宮城県で漁連復興支援と炊き出しを行ないました

2012年6月 1日

東日本大震災復興支援
京都生協職員ボランティア

20120601shien1.jpg
 5月26日(土曜)、宮城県登米市と南三陸町で復興支援活動を行ないました。
今回京都生協職員ボランティアは、両丹ブロックエリアの役職員とその家族が中心となり、ボランティアバスで12時間かけて、南三陸町の皆さんが住んでおられる宮城県登米市の南方仮設住宅を訪問。現地で大阪いずみ市民生協のボランティアバス、鳥取県畜産農協、みやぎ生協の皆さんと合流しました。総勢約70人のボランティアは、南三陸町袖浜漁港のガレキ処理、土のう作りチームと、南方仮設住宅での炊き出しチームに分かれて活動しました。
 南方仮設住宅では自治会が主催するカラオケ大会の催し物として、鳥取牛バーベキュー、ホルモン焼きそばの炊き出しを行ないました。当日は天候にも恵まれ、約500人分用意した炊き出しが午後1時ごろにはすべてなくなりました。
 自治会長の宮川さんからは「仮設住宅は密集していて、屋内で焼肉をすることができません。今回、開催のお知らせチラシを見て、みんな楽しみにしていたんです。楽しい思いができ、今泣きたいくらい感謝しています。」というご挨拶をいただきました。

20120601shien4.jpg 20120601shien2.jpg 20120601shien3.jpg
集合写真を撮っているときはまだ余裕でしたが、炊き出しが始まるとてんてこ舞い!

20120601shien5.jpg 20120601shien6.jpg 20120601shien7.jpg
左は鳥取県畜産農協、中は大阪いずみ市民生協のボランティア。右は食事の様子。

20120601shien8.jpg 20120601shien9.jpg 20120601shien10.jpg
左写真、赤い○印はコープ二条駅の組合員さんが牛乳パックで作ってくれたイス。住民の皆さんに喜ばれました。右、中丹支部職員が手作りした子供服をプレゼント。

 南三陸町袖浜漁港で宮城県漁協支援を行なったチームは、漁連の皆さんといっしょに港内に打ち上げられたガレキの片付けと、養殖棚再生のための土のう作りを行ないました。こちらもお昼は鳥取牛のバーベキューを行ない、地元の皆さんとの交流をしました。
 宮城県漁協の佐々木さんから「本日約500袋の土のうを作ることができました。大変感謝をしています。おいしいカキを作ることが恩返しになると思って、明日からまた頑張ります。」とのご挨拶をいただきました。

20120601shien21.jpg 20120601shien22.jpg 20120601shien26.jpg
左、中:土のう作りの様子。右、昼食時の炊き出し風景。

20120601shien23.jpg 20120601shien25.jpg 20120601shien24.jpg 
左、ガレキの片付け。中、出来上がった土のう500袋。右、砂利をバックに記念撮影。

20120601shien30.jpg 帰りは南三陸さんさん商店街でお買い物。これも重要な支援活動の一つ。
  南三陸さんさん商店街

 京都生協は、他の協同組合とも協力し、今後も被災地への支援に取り組みます。