« 2013年11月 |2013年12月 | 2014年1月 »

「ダノンデンシア ドリンクタイプ・プレーン加糖」80g×3本パック商品回収のお詫びとお知らせ

2013年12月27日

京都生活協同組合

 いつも京都生協をご利用いただきありがとうございます。
 この度、生協4店舗(コープ下鴨、コープ二条駅、コープらくさい、コープ祝園駅)で供給いたしました表記の商品について、製造元の「ダノンジャパン(株)」より、自主回収の要請がありました。
 つきましては、お手もとに対象商品がございましたら、店舗サービスコーナーまで商品をお持ち頂けますよう、お願い申し上げます。ご利用いただきました商品代金を返金させて頂きます。
 ご利用いただきました組合員の皆様には、ご心配とご迷惑をおかけしますことお詫び申し上げます。

詳しくはこちら⇒コープきんき「商品回収のお詫びとお知らせ」

第20回「旭の森」森林保全活動を行いました

2013年12月17日

京都生活協同組合

 12月14日(土曜)亀岡市旭町で、今年度最終の亀岡「旭の森」森林保全活動を行いました。 131214_shinrin1.jpg

 当日午前8時の亀岡市の気温はマイナス1度でしたが風もなくよく晴れわたり、作業するにはちょうどよい気候でした。参加者は落葉して日差しが届くようになった冬の山を登り、作業場所へ到着。先月伐採した木の片づけと、現在残っているアカマツ周辺の除伐・整備を行いました。
 また今回、来年4月に行う「シイタケ菌打ち体験」用のコナラのホダ木原木を切り出し、一人1本ずつ山から持っておりました。
 昼食交流会場では昼食ボランティアの3人に焚火での焼き芋、豚汁の炊き出し準備をしていただきました。参加者は焚火を囲みながら、今回の保全活動や1年を振り返っての感想などを交流しました。

131214_shinrin20.jpg 131214_shinrin7.jpg
写真:2つのグループに分かれて、伐採木を片づけました

131214_shinrin8.jpg 131214_shinrin2.jpg 
写真左:炊き出し準備中  右:シイタケ菌打ち用のコナラの木を玉切りに

131214_shinrin70.jpg 131214_shinrin40.jpg
左:たき火を囲んでの昼食交流会    右:お芋がおいしく焼けました

 ↓ 地元三俣山組合(森林組合)の皆さんも加わって記念撮影
131214_shinrin00.jpg

 次回の活動は2014年3月下旬、ホームページや機関紙「コーポロ」でご案内します。「旭の森」森林保全活動へ、ぜひお気軽にご参加ください。

コープらくさいで餅つき大会を開催しました

2013年12月17日

京都生活協同組合

 12月14日(土曜)、コープらくさい感謝祭イベントとしてコープクラブ主催の餅つき大会が開催されました。
131217_rakusai000.jpg

 当日は好天に恵まれ、店頭で組合員・職員が威勢よくお餅をつきました。子どもさんらの飛び入り参加もあり、にぎやかなひとときとなりました。
 朝11時からと午後2時からの2回、あわせて10臼つき、できたてのお餅を来店された方々にふるまいました。
131217_rakusai00.jpg 131217_rakusai0.jpg

京都環境フェスティバル2013に出展しました

2013年12月16日

京都生活協同組合

 12月14日(土曜)、15日(日曜)、京都府総合見本市会館(京都パルスプラザ)で開催された京都環境フェスティバル2013に出展しました。 (主催:京都府、京と地球の共生府民会議、京都府地球温暖化防止活動推進センター) 131216_kankyo2013_0.jpg

131216_kankyo2013_1.jpg 京都府生協連のブースで、京都生協の「さくらこめたまご」や「サンゴ再生もずく基金」の展示を行い、その取り組みの意義について説明しました。
 また、京都生協が行う「より環境負荷の少ない事業・活動」や「震災支援活動」について紹介しました。

 今回のフェスティバルでは、参加者が環境について楽しく学べたブースを投票する「ベストエコブース」コンテストが行われました。その最優秀賞に京都府生協連のブースが選ばれました。
131216_kankyo2013_3.jpg

CO・OP共済が顧客満足度第1位に!

2013年12月13日

京都生活協同組合

 このたび、CO・OP共済は、(公財)日本生産性本部内・サービス産業生産性協議会が12月11日に発表した「2013年度日本版顧客満足度指数調査(JSCI)」におきまして、生命保険部門の顧客満足度で第1位という評価をいただきました。

詳しくはこちら⇒コープ共済連ニューストピックス


11月1回企画 センタン「王将(3色アイス)65ml×6」 商品回収のお詫びとお知らせ

2013年12月13日

京都生活協同組合

 いつも京都生協をご利用いただきありがとうございます。
 標記商品について、製造者の林一二株式会社より商品回収を行いたいとの申し出がありました。
 つきましては、お手もとに以下の商品をお持ちであれば、念のため、次回配達時にご返品くださるようにお願い申し上げます。商品代金をお返しします。
 ご利用いただきました組合員の皆様には、ご心配とご迷惑をおかけしますことお詫び申し上げます。

詳しくはこちら⇒コープきんき「商品回収のお詫びとお知らせ」

コープの店舗で京都市の使用済てんぷら油を回収する社会実験に協力しています

2013年12月 6日

京都生活協同組合

 10月21日よりコープきぬがさとコープパリティでは、京都市の行う「使用済てんぷら油の新たな回収方式による社会実験」に協力しています。

131205_kinugasa.jpg 131205_parity.jpg
コープきぬがさ(左)とコープパリティ(右)での回収の様子

 京都市は、家庭からの使用済てんぷら油を回収しバイオディーゼル燃料に精製して,ごみ収集車や一部の市バスの燃料に年間約130万リットルを利用しています。
 さらに幅広い市民の参加を得て回収拡大を図るため、より利便性の高い回収場所や方法で使用済てんぷら油を回収する社会実験を実施することとなり、京都生協は商業施設の回収場所として協力しています。
■回収方法:
 500ミリリットルの空きペットボトル容器に入れた使用済てんぷら油を回収
  ※ コープきぬがさは、北入口隣接の回収ボックスで回収しています。
  ※ コープパリティは、サービスカウンターで回収しています。
■回収期間:12月20日(金曜)まで

被災地訪問交流ツアーを実施しました

2013年12月 4日

京都生活協同組合

 11月30日(土曜)12月1日(日曜)の2日間、京都生協組合員の被災地訪問交流ツアー参加者11名が、宮城県南三陸町や石巻市を訪問しました。
131203_houmon0.jpg
みやぎ生協東日本大震災学習・資料室で説明を受けるツアー参加者

131203_houmon01.jpg 131203_houmon02.jpg
写真左:記念館には京都生協から送ったメッセージが掲示されていました
右:県内各地域での津波の高さが表示されています

■11月30日(土曜)
・みやぎ生協(仙台市)の東日本大震災学習・資料室を見学
・登米市南方の仮設住宅集会所で、住民の皆さんと交流会
■12月1日(日曜)
・震災語り部さんと共に南三陸町各地を訪問
・復興仮設商店街「さんさん商店街」で昼食と買い物
・石巻市街地を訪問
 参加者からは「2年半経った今だからこそできる支援もあると感じました」などの声が上がっていました。

131203_houmon03.jpg 131203_houmon04.jpg
左:登米市南方の仮設住宅集会室で入居者との交流
右:南三陸町立戸倉小学校の児童はこの山に避難し、歌を歌って一夜を明かしました。津波は山肌を削っていきました。
131203_houmon05.jpg 131203_houmon06.jpg
左:戸倉中学校にて。地震発生時間で止まったままの時計
右:高台の中学校にもこの高さまで波が到達しました
131203_houmon07.jpg 131203_houmon08.jpg
左:復旧した宮城県漁協志津川支所の仮設カキ処理場 右:参加者の皆さん
131203_houmon10.jpg 131203_houmon09.jpg
左:南三陸町防災庁舎跡にて 
右:がれきや残っていた建物は片付き、土地のかさ上げがこれから行われます
131203_houmon11.jpg 131203_houmon12.jpg
左:石巻市の様子。広大な空き地が広がっています 右:石巻市立大川小学校

「京野菜マルシェ」ディスプレイコンテストで京都府知事賞を受賞

2013年12月 3日

京都生活協同組合

 京野菜の魅力やおいしさをどのようにアピールしているかを競う『京野菜マルシェディスプレイコンテスト』(主催:おいしおすえ京野菜キャンペーン実行委員会)にてコープさがのが最優秀店として京都府知事賞を受賞しました。
 コープさがのでは地元の生産者が届ける京野菜の魅力を伝え、毎日採れたての新鮮なお野菜をお届けしています。
 その他の店舗ではコープ下鴨、コープ男山、コープ醍醐石田、コープらくさいが入賞しました。
 今後も、京都生協では生産者、地域とのつながりを大切に新鮮な京野菜をお届けする地産地消のとりくみを推進していきます。
131203_0.jpg
11月30日(土)京都府総合見本市会館にて表彰式が行われました。
131203_1.jpg 131203_2.jpg
取り組みを報告する店舗事業統括マネジャー宮本   コープさがの地場野菜コーナー

6月・9月彩食楽便 クレストジャパン ローストビーフ切落し200g×6 ご利用の皆様へ、自主回収のお詫びとお知らせ

2013年12月 3日

京都生活協同組合

 日頃より京都生協をご利用いただきありがとうございます。
 彩食楽便(さくら便)6月号・9月号でご利用いただきました標記商品につきまして、一括表示の内容に誤りがありました。
 ご利用いただいた組合員様には大変ご迷惑をおかけいたしますこと深くお詫び申し上げます。

 詳しくはこちらをご覧ください⇒コープきんき自主回収のお詫びとお知らせ

宮城県で第3回餅つき大会を開催しました

2013年12月 2日

京都生協東日本大震災
復興支援職員ボランティア

 11月30日(土曜)宮城県南三陸町志津川のカキ処理場と登米市南方町の仮設住宅で、京都生協職員ボランティアなどによる第3回お餅つき大会と炊き出しをしました。
131202_bora0.jpg

 今回、鳥取県畜産農協・コープ共済連・みやぎ生協・綾部市志賀郷のボランティアといっしょに活動しました。夏に「第2回海の虹プロジェクト」へ参加した中学生も参加し、バーベキュー作りを担当しました。
 つきあがったお餅をみやぎ生協のボランティアによって手際よく地元の「あん餅」にしていただき、住民の皆さんにお配りしました。また前週京都でついたお餅を、おみやげとしてお渡ししました。
 登米市仮設住宅での餅つき大会には、組合員の被災地訪問交流ツアーも合流し、被災地の現状などについて仮設住宅の皆さんと交流しました。
 天候にも恵まれ、餅つき大会は無事終了できました。

※今回の活動は京都新聞福祉活動支援助成、およびJR西日本あんしん社会財団から助成を受けています

131202_bora1.jpg 131202_bora2.jpg
写真左:復興した処理場ではいまカキの最盛期 右:昼食の準備中

131202_bora5.jpg 131202_bora6.jpg
左:つきたてのお餅を「あん餅」に 右:「海の虹」に参加の中学生はバーベキューを担当

131202_bora3.jpg 131202_bora4.jpg
左:地元の皆さんからカキ汁が提供されました 右:パネルでこの間の活動を紹介

131202_bora7.jpg 131202_bora8.jpg
左:コープ共済連ボランティアの皆さん 右:仮設住宅の入居者へのお渡し

131202_bora10.jpg 131202_bora11.jpg
左:仮設住宅集会室で被災地訪問交流ツアーの参加者と交流 右:夕暮れの仮設住宅

 京都生協は、今後も被災地への息長い支援に取り組みます。


■震災支援の活動カンパ協力のお願い
 震災復興支援は今後も継続し、長期にわたる活動になります。この支援活動への「カンパ」を組合員の皆様に呼びかけています。ぜひご協力ください。
 使途など詳しくはこちら⇒東日本大震災 震災支援のとりくみ

【共同購入・個人宅配】
一口100円 の募金を受け付けています。
注文書に注文番号を記入、またはeフレンズ(インターネット注文)の 「注文番号で注文」で注文番号を入力してください。
6ケタ注文番号 : 294730
※注文個数1を記入で100円、5を記入で500円
【店頭募金】
専用募金箱を設置しています。