« 2016年3月 |2016年4月 | 2016年5月 »

コープこうべ様から支援に入っている職員の様子が届きました

2016年4月28日

京都生活協同組合

 被災地へ応援に入っているコープこうべの職員さんから、京都生協の職員の様子が届きました。
160428kumamotosshien01.jpg「京都生協の若い職員さんは明るく元気に応対していて、現地の職員さんからも頼られていました。 コープ春日では、天井が崩れ3割程度の売り場で営業をされています。 他生協の応援者が、掃除、品出し、商品の御用聞き(3割以外に置いてある商品は、探して組合員の元へと持っていく)をしております。 余震の恐怖で車中泊の方もまだまだいて、今後長い支援が必要になると思います。」

 元気に頑張っていることが伝わってきて、ほっとしました。コープこうべ様、報告いただきありがとうございます
 京都生協は今後も熊本地震の支援活動を続けます。

京都生協の職員が生協くまもとへ支援に入っています

2016年4月26日

京都生活協同組合

160426kumamotosshien01.jpg コープ下鴨の職員が、4月25日(月曜)から1週間、生協くまもとの店舗支援に入っています。佐賀県鳥栖市に宿泊し、毎日生協くまもとのコープ春日へ出勤しています。コープ春日は今回の地震で大きな被害を受けた店舗です。
・職員からの報告「他生協の皆さんと団体行動しています。宿泊している佐賀県鳥栖市から新幹線を使って熊本までいけるようになりましたが、大変込み合っています。コープ春日では組合員さんの応対担当として日配部門で頑張っています!ホテルは連泊ではなく、移動があってちょっと大変です。」

 下の写真は現在工事中のコープ春日。 売り場面積は3分の1程度ながら、店内での営業を開始しています。工事は29日から2箇所目に入り、5月8日(日曜)で売り場が100%営業できる見込み。工事は5月20日(金曜)までかかる模様です。

160426kumamotosshien02.jpg

第40回全国育樹祭開催記念企画 亀岡「旭の森」森林活動体験会を開催

2016年4月20日

京都生活協同組合

 4月16日(土曜)亀岡市旭町で、組合員25人が参加して森林保全活動を行いました。今年は京都府で第40回全国育樹祭が開催される予定で、その開催記念行事として、森林保全活動と親子森林体験企画に取り組みました。160416MF0.jpg

 参加者は、午前9時に旭町コミュニティセンターに集合し、松尾神社までの自然を観察するグループ(親子グループ)と保全活動作業グループに別れて出発。
 親子グループはあぜ道のタンポポ等や神社境内の新緑を観察しました。途中の小川にはサワガニもおり、子どもたちは大喜びでした。 保全活動グループは湯谷山の見晴らし台での片付けや頂上付近での伐採作業しました。
 お昼前にはコミュニティセンターへ戻り、丸太切り大会を開催。直径10センチメートルほどの丸太を70グラムを目指して切り分けました。
 昼食後、前回の保全活動で伐採したコナラの木を使って、シイタケの菌打ち体験会を開催。参加者は2年後シイタケが出てくることを楽しみに、一人1本ずつホダ木を持ち帰りました。

160416MF01.jpg 160416MF02.jpg
左:森林整備の様子、右:頂上で記念撮影

160416MF03.JPG 160416MF04.JPG
道草をしながら散策、森の小川にはサワガニも!

160416MF05.JPG 160416MF08.JPG
ノコギリ競争と優勝された組合員さん

160416MF06.JPG 160416MF07.JPG
シイタケ菌打ちの様子、電動ドリルで穴をあけて菌コマを打ち込みます

■参加者(子ども)の感想
・ぜんぶとてもたのしかった。
・のこぎりやドリルで穴をあけるのが勉強になった。
■参加者(大人)の感想
・あぜ道で道草をしたりと、子どもの頃を思い出してとても懐かしくなりました。
・親のほうが「できるかな」とはらはらして見ていましたが、難なく取り組んでくれていて、ほっとしました。
・作業することで森に光が差し込み、気持ちのよい空間ができて、やりがいを感じました(森林保全作業)160416MF09.JPG

※京都生協は2006年に京都モデルフォレスト協会へ加入し、2010年に「森林の利用保全に関する協定」を締結して、亀岡市旭町での森林保全活動を継続しています。

2016年4月 1日

4月1日現在、重要なお知らせはありません

福島県、岩手県からお礼が届きました

2016年4月 6日

京都生活協同組合

定期的に京都のお菓子や、応援メッセージを送っている福島県、岩手県の仮設住宅にお住いの皆さんからお礼のお手紙などが届きました。160406toramai.jpg写真のクラフトは岩手県の「ふれあいサロン」へ参加の皆さんとボランティアが「釜石の虎舞」をイメージして作ってくれたものです。「虎舞」とは、漁に出た漁師さんが無事に帰ってくることを願った地元の踊りだそうです。

福島県からは、飯館村松川第二仮設住宅の管理人さんからお礼のお手紙が届きました。160407orei.jpg京都生協は今後も東日本大震災復興を支援します。組合員の皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

第18回商品大交流会を開催しました

2016年4月 5日

京都生活協同組合

3月26日(土曜)、京都市左京区の京都市勧業館みやこめっせを会場に「コープでつながるおいしい笑顔」をテーマとして、第18回商品大交流会を開催しました。160326no18daikou00.jpg当日は750人を超える参加で、試食しながら生協のお取引先の生産者・メーカーの皆さんとの交流を楽しみました。
160326no18daikou002.jpg 160326no18daikou001.jpg
写真左:試食交流の様子、右:夕食サポートの試食ブース

160326no18daikou003.jpg 160326no18daikou004.jpg
キャラクターも登場!左:大山乳業「カウィー」、右:きょうまるもデビュー!
160326no18daikou005.jpg 160326no18daikou006.jpg
左:コープ共済連「コーすけ」、右:ラブコープキャンペーンキャラ「ラブコ」