トピックスのトップニュース取り組み台湾花蓮県の皆さんが店舗を見学されました

台湾花蓮県の皆さんが店舗を見学されました

2017年9月25日

京都生活協同組合

 9月20日、台湾の東海岸に位置する花蓮県から15人の皆さんが京都を訪問し、京都生協店舗での農産物の加工や供給等について研修されました。170922taiwan0.jpg 研修参加者はきぬがさ会館で、店舗を担当する石上執行役員より京都生協や店舗について説明を受けました。その後、コープきぬがさの店内を見学。地産地消農産物の売り場や商品の説明に、熱心に耳を傾けておられました。
170922taiwan01.jpg 170922taiwan02.jpg
 店舗見学後、再びきぬがさ会館にもどり、見学・研修したことについて質疑 応答しました。質問は、協同組合の経営や課題点、地産地消生産者との関係など多岐にわたり、予定していた時間を超えても質問は途切れませんでした。
 京都生協での見学が、花蓮県の生産者の皆さんに少しでも役立つことを願います。