トピックスのトップニュース

福島原発事故後に収集された稲わらを与えた可能性がある牛肉の供給に関するお詫びとお知らせ

2011年9月15日

京都生活協同組合

 京都生協では、7月20日以降、行政が随時公表する個体識別番号をもとに、取り扱いの有無について確認を行っています。

 8月11日(水曜)に宮城県が発表した個体識別番号をもとに調査した結果、福島第一原子力発電所の事故後に収集された稲わらを、飼料として与えた可能性のある牛の肉を、下記5店舗で供給(販売)したことがわかりました。
 既に消費されているために牛肉に含まれている放射線セシウムの有無を具体的に確認することはできませんが、暫定基準値をこえている可能性が否定できないことから、お知らせさせていただきます。

 組合員のみなさまに、ご心配、ご迷惑をおかけいたしますこと深くお詫び申し上げます。今後も、新たな事実が判明した際には、すみやかにお知らせしてまいります。

<当該商品について>
商品名「国産牛しぐれ煮用(小間切れ)」
お問合せ番号:
110415210793 110415210794 
110416110793 110416110794 110416210793 110416210794
110417110793 110417110794 110417210793 110417210794
110418110793 110418110794 110418210793 110418210794
110514110793 110514110794 110514210793 110514210794

個体識別番号:1242915413、1244848250、1248297061

店舗
製造日
消費期限
コープはづかし
2011年4月15日?18日、5月14日
2011年4月16日?19日、5月16日
コープ祝園駅
2011年4月15日?18日、5月14日
2011年4月16日?19日、5月16日
コープかどの四条
2011年4月15日?18日、5月14日
2011年4月16日?19日、5月16日
コープ醍醐石田
2011年4月15日?18日、5月14日
2011年4月16日?19日、5月16日
コープ桃山
2011年4月15日?18日、5月14日
2011年4月16日?19日、5月16日

奈良県の台風被災地へ支援物資をお届け

2011年9月 9日

京都生活協同組合

20110909_narasien01.JPG 台風12号による風水害・土砂災害等で被災されたみなさまに心からお見舞い申し上げます。
 京都生協は、店舗事業連帯をおこなっている「ならコープ」を通じて被災地へ支援物資をお届けしました。お届けしたのは、バナナ20ケース・りんご20ケース、梨10ケース(お取引先様のご協力で用意しました)です。

20110909_narasien02.JPG 20110909_narasien03.JPG  今回の台風12号による土砂崩れなどの被害は、交通やライフラインが絶たれて孤立状態となっている地域も多く、まだ十分につかめていない状況です。奈良県でもとくに被害の大きかった十津川村には、およそ100人のならコープ組合員がおられます。「創立以来はじめて配達することができなかった」と、ならコープ職員の方々も非常に心痛めておられました。現在は、土砂崩れなどで通常ルートが断たれていても、和歌山や三重を迂回して可能なかぎり配達に行っています。

20110909_narasien04.JPG お届けした果物の一部を、ならコープ 小田専務理事が車に積み込み、大塔町と十津川村の役場をめざして出発されました。そのほかの物資とともに、各役場にお渡しして下さいます。被災の状況や必要なものがないかをうかがって、その後の支援活動にいかすとのことでした。残りの果物は、すでに予定されている天川村での炊き出しで利用される予定です。

20110909_narasien05.JPG 20110909_narasien06.JPG
↑(左)ならコープ 小田専務と (右)ならコープ無店舗事業の職員のみなさんと

 ならコープ田原本物流センター事務所に掲示してあった、組合員から届いた生協への応援メッセージをご紹介します。
20110909_narasien08.JPG

京都生協は、今後も、被災地生協からの要望に応じた支援活動を行なう予定です。

店舗で「京都おもいやり駐車場利用証制度」を実施

2011年9月 1日

京都生活協同組合

 京都生協は京都府からの「京都おもいやり駐車場利用証制度」導入についての協力要請に応えて、9月1日より5店舗で実施しました。

 「京都おもいやり駐車場利用証制度」とは、身体等に障害のある方、内部障害や高齢等で移動に配慮が必要な方やけが人、妊産婦等で一時的に配慮が必要な方に対して、共通の「駐車場利用証(パーキングパーミット)」を交付し、公共施設や商業施設などに表示するパーミット用駐車場(身体障害者等のための駐車場)の適正な利用をはたらきかける制度です。

 京都生協はくらしの安全、住みやすい地域づくりの取り組みをすすめており、今回の要請をその取り組みの一環として、実施していきます。

■実施店舗
 コープきぬがさ(京都市北区)、コープさがの(京都市右京区)、
 コープかどの四条(京都市右京区)、コープ醍醐石田(京都市伏見区)、
 コープ京田辺(京田辺市)

※9月1日からは、身障者専用駐車場が複数区画ある店舗で実施し、その他の店舗も状況を確認しながら実施の検討を行います。

鳥取産直わくわくツアーを開催

2011年8月30日

京都生活協同組合

wakuwaku2011_1.jpg
 8月20日?21日の2日間「鳥取産直わくわくツアー」を開催しました。 参加者は、鳥取砂丘観光や搾乳体験、しいたけ採取、野菜収穫、食事は鳥取牛のバーベキューなどを味わいました。
   wakuwaku2011_2.jpg  wakuwaku2011_3.jpg
   (写真左:搾乳体験をしている様子、右:枝豆を収穫する様子)

 美歎牧場では、生協で提供されている鳥取牛の飼育やエサの種類などを見学しました。また、普段の旅行ではほとんど行うことのない乳搾りを体験しました。
 その他の企画も、参加者からは「めったにすることができない体験ばかり」と好評でした。

参加者の感想(抜粋)
・鳥取牛を使ったバーベキューは、とてもおいしかったです。
・京都生協が、安全・安心の食を提供していることを実際に見学することができてよかったです。

福島原発事故後に収集された稲わらを与えた可能性がある牛肉の供給に関するお詫びとお知らせ

2011年8月24日

京都生活協同組合

 京都生協では、7月20日以降、行政が随時公表する個体識別番号をもとに、取り扱いの有無について確認を行っています。

 8月10日(水曜)に岩手県が発表した個体識別番号をもとに調査した結果、福島第一原子力発電所の事故後に収集された稲わらを、飼料として与えた可能性のある牛の肉を、コープ醍醐石田を除く20店舗で供給(販売)したことがわかりました。
 既に消費されているために牛肉に含まれている放射線セシウムの有無を具体的に確認することはできませんが、暫定基準値をこえている可能性が否定できないことから、お知らせさせていただきます。

 組合員のみなさまに、ご心配、ご迷惑をおかけいたしますこと深くお詫び申し上げます。今後も、新たな事実が判明した際には、すみやかにお知らせしてまいります。

<当該商品について>
商品名「国産黒毛和牛切落(バラ他)」
お問合せ番号:
110705110319・110705110320・110705110321
110705210320・110705210321・110706110319
110706110320・110706110321・110706210320
110706210321

個体識別番号:1247930365

店舗
製造日
消費期限
コープ醍醐石田を除く全店舗
2011年7月5日
2011年7月6日
2011年7月7日
2011年7月8日

共同購入・個配の注文が便利になりました

2011年8月22日

京都生活協同組合

「いつでも注文」開始と「自動注文」の品揃え拡大のお知らせ

 「調味料などの常備品を毎週企画してほしい」という組合員さんのご要望にお応えして、毎週いつでも注文できる「いつでも注文」を始めました。
 また、1回登録すれば毎週お届けする「自動注文」の品目を増やしてほしいというご要望を実現しました。今回、納豆、豆腐など全15品目の品揃えを拡大しました。
 2つの便利な仕組みを知っていただいて、日々のご利用にお役立てください。

  ・注文改善のご案内チラシはこちら ↓
「いつでも注文」開始と「自動注文」の品揃え拡大のお知らせをダウンロード.pdf 5.8MB

募金への御礼とご報告

2011年8月17日

京都生活協同組合

「『くらしの助け合いの会』への募金」(4月)と「平和募金」(5月)に取り組みました。 OCR注文書およびポイント活用により寄せられた募金は以下のとおりとなりました。

■「くらしの助け合いの会」への募金
 総額 874,556円

■平和募金
 総額 1,655,900円

募金にご協力いただいたみなさまに厚く御礼申し上げます。
活動費として有効に活用させていただきます。

福島原発事故後に収集された稲わらを与えた可能性がある牛肉の供給に関するお詫びとお知らせ

2011年8月16日

京都生活協同組合

 京都生協では、7月20日以降、行政が随時公表する個体識別番号をもとに、取り扱いの有無について確認を行っています。

 8月11日(木曜)に宮城県が発表した個体識別番号をもとに調査した結果、福島第一原子力発電所の事故後に収集された稲わらを、飼料として与えた可能性のある牛の肉を、醍醐石田を除く20店舗で供給(販売)したことがわかりました。
 既に消費されているために牛肉に含まれている放射線セシウムの有無を具体的に確認することはできませんが、暫定基準値をこえている可能性が否定できないことから、お知らせさせていただきます。

 組合員のみなさまに、ご心配、ご迷惑をおかけいたしますこと深くお詫び申し上げます。今後も、新たな事実が判明した際には、すみやかにお知らせしてまいります。

<当該商品について>
商品名「国産黒毛和牛切落(バラ他)」
お問合せ番号:
110725110319・110725110320・110725110321
110725210320・110725210321

個体識別番号:0240454175

店舗
製造日
消費期限
コープ醍醐石田を除く全店舗
2011年7月25日
2011年7月27日

消費者力パワーアップセミナーのご案内

2011年8月11日

京都生活協同組合

 くらしの安心を実現する取り組みとして自立した消費者をめざす「消費者力パワーアップセミナー」を、6回連続講座として京都市とNPO法人コンシューマーズ京都と京都生協の共催で取り組みます。
 参加しやすさを考慮した会場とタイムリーな消費者問題のテーマを設定して、ひろく組合員のみなさんに参加を呼びかけます。

■開催日程・会場・テーマと講師

日程

場所

テーマ&講師(敬称略)

1.

9月5日
月曜日

京都市消費生活総合センター
地下鉄「烏丸御池」駅 直結

京都市における食の安全安心施策について
講師:京都市保健福祉局保健医療課職員

2.

9月12日
月曜日

せいきょう会館
地下鉄「丸太町」駅下車(徒歩3分)

高齢者を狙う悪質商法「未公開株、老人ホーム・・・悪質な手口」
講師:住田浩史(弁護士)

3.

9月15日
木曜日

コープ桃山
京阪・近鉄「丹波橋」駅下車(徒歩5分)

携帯電話・パソコンと上手につきあおう「ネット犯罪から子どもを守るために」
講師:石田郁雄(司法書士)

4.

9月22日
木曜日

京都市消費生活総合センター
地下鉄「烏丸御池」駅直結

エコライフを楽しもう「今からできる、私にもできる、エコライフ術」
講師:木原浩貴(京都府地球温暖化防止活動推進センター事務局長)

5.

9月26日
月曜日

京都市消費生活総合センター
地下鉄「烏丸御池」駅直結

年金をもっとわかりやすく
「年金を身近なものとして、もっと知ろう」
講師:京都府金融広報アドバイザー高原育代(京都府金融広報委員会金融広報アドバイザー)

6.

9月29日
木曜日

京都市消費生活総合センター
地下鉄「烏丸御池」駅直結

老後の生活設計とエンディングノート「無駄なくトラブルなく老後を過ごすために」
講師:京都府金融広報アドバイザー村尾法生(京都府金融広報委員会金融広報アドバイザー)

■定員人数:各日程とも先着50人
■対象:京都生協組合員と一般消費者
■参加費:無料
■申し込み方法:
  お電話又はファックスにて下記のいずれかへお申し込みください。カッコ内は受付時間です。
・京都生協北ブロック事務局 フリーダイヤル0120-075-028(午前9時30分?午後5時)
                    ファックス 075-467-0232(24時間)
・NPO法人コンシューマーズ京都 ファックス 075-251-1003(24時間)
なお、京都生協北ブロックとコンシューマーズ京都では、講座開催日の前日午後5時まで受け付けます。

・京都いつでもコール(京都市市政情報総合案内コールセンター)075-661-3755(8月は午前8時?午後9時)ただし、上記の京都市コールセンターへの申し込みは、開催日を含む7日前までにお申し込みください(例えば、9月5日木曜の開催分申し込みは、8月30日火曜までのお申し込みとなります)。
※「消費者力パワーアップセミナー」は、京都市発行の「市民しんぶん」でもご案内しています。

2011ピースアクションinヒロシマに参加しました

2011年8月10日

京都生活協同組合

2011ピースアクションinヒロシマに組合員ら4人が参加しました。

1日目(8月5日)
・ 日本生協連主催の「虹のひろば」
20110805_1.jpg
 被災地の生協をはじめ全国から1,000人が参加しました。

 松井広島市長はあいさつで「被爆して66年。戦争や平和のことを伝えることが難しくなってきている。今こそ平和を語り、共有することが本当に大切です」と力強くお話されました。

20110805_21.jpg 20110805_22.jpg
20110805_23.jpg 20110805_24.jpg
「みんなのひろば」では、全国の生協の平和の取組みを交流しました。今年は東日本大震災もあり、復興を願う寄せ書きもおこなわれました。

・ピースナイターで平和をアピールしました!
20110805_30.jpg 
20110805_3.jpg
20110805_31.jpg 生協ひろしまが広島カープの試合で平和をアピールする「ピースナイター」に参加。5回の裏終了後に、観客に配られた緑色のポスターを掲げて球場全体で平和をアピールしました。

2日目(8月6日)
・「平和記念式典」
20110805_4.jpg
 被爆66周年の今年の式典では、アメリカ代表が昨年に続き参加、英仏ロシアからの参加もありました。東日本大震災の原発事故を受け、菅首相、松井市長からは平和の願いとともにエネルギー政策についての発言がありました。

・福知山行政区委員会が送られた1万羽あまりの千羽鶴!
20110805_51.jpg 20110805_52.jpg 20110805_53.jpg