トピックス

トピックス

コープきぬがさの店頭で「ヒバクシャ国際署名」に取り組みました

  • 2017年10月11日
  • 取り組み

京都生活協同組合

 「ヒバクシャ国際署名」は、ヒロシマ・ナガサキの被爆者が国際社会に向け、核兵器の禁止・廃絶を求めているものです。この間、組合員・お取引先・関係諸団体のみなさんの協力により、10月10日現在、京都生協では3万9千筆を超える署名が集まっています。171011syomei1.jpg 10月11日の取り組みでは、京都在住の被爆者 花垣ルミさん、北ブロックのエリアメンバー、理事、職員をあわせて15人が参加し、午前中で160筆の署名が集まりました。
171011syomei12.jpg 171011syomei13.jpg

写真:京都在住の被爆者花垣さんも参加(左)、署名を呼びかける京都生協畑理事長(右)

 平均年齢80歳を超えた被爆者が力をふりしぼって訴えている「核兵器廃絶」への思いを受け止め、今後も継続して店舗での署名の呼びかけを広げて行きますので、みなさんのご協力をよろしくお願いします。

バックナンバー