京都生協

産直商品第1号

せいきょう牛乳の誕生は1970年。
生協牛乳の産直のあゆみは、この「せいきょう牛乳」から始まりました。
組合員と生産者の絆が育んできた、かわらぬおいしさを、いつまでもかわらず大切にお届けします。

産直せいきょう牛乳のはじまり

京都生協では、牛乳は生活に欠かせない栄養食品として、1964年の創立当初から牛乳の早朝宅配を行なっていました。
当時は栄養剤や脱脂粉乳を使った加工乳が主流。メーカーからの度重なる値上げ要請が続く中、ヤシ油混入牛乳が問題となり、消費者の不安は高まっていました。一方、酪農家の組合である大山乳業農協が大手メーカーによる生乳の買いたたきに苦しみ、自らの手で工場を作り販売先を模索。そんな中、安全を求める組合員の願いと本物の牛乳を届けたいという生産者の願いが実を結び、京都生協の産直第一号商品として「せいきょう牛乳」が誕生しました。

こだわりポイント1 循環型酪農で本物のおいしさを

こだわりポイント2 循環型酪農で本物のおいしさを

誕生以来、母から子、そして孫へ、時代とともに愛され続けるせいきょう牛乳。「ほのかな甘みがあり本当においしい」など、組合員の皆さんから嬉しい声が多く寄せられます。生産者がこだわるのはその「おいしさ」。おいしい牛乳は健康な乳牛から。大山乳業の生産者はいい乳をつくるための草づくり。
そのための土づくりに牛の堆肥の有機肥料などを活用する循環型酪農に取り組んでいます。
牛の飼料や健康管理の追求、加えておいしさを保ち新鮮なうちに牛乳を届けるための努力や品質管理を積み重ね、全国でも有数の乳質を誇る牛乳を組合員の皆さんへお届けします。

こだわりポイント3 組合員と生産者が心をかよわせて

せいきょう牛乳のふるさと鳥取大山を訪れ、豊かな自然とふれあいながら生産者と交流する「も~も~キャンプ」。毎年、夏に開催され、たくさんの組合員親子が参加しています。
単なる消費者と生産者という関係ではなく「顔の見える交流」を大切にし、産地への訪問や生産者を招いての学習会、宣伝販売などを通して信頼関係を深めています。

パッケージヒストリー
お買い物はこちらから

お買い物はこちらから

京都生協を利用するには