INS

京都のコアな魅力、お届けします。

食べる

つくる

つくる食べる#もはやアート⁉なうつくしスイーツ

2023.02.10 菓寮 伊藤軒

季節のフルーツパフェに職人の手仕事が光る

1864年創業の老舗和菓子店。本店は工場にショップとカフェが併設しています。
伊藤軒が大切にしているのは職人たちの「手仕事」です。たとえば、名物パフェにも使われている鈴カステラ。一般的な鈴カステラは砂糖が振りかけられていますが、伊藤軒の鈴カステラは職人たちが一つひとつ丁寧に糖蜜掛けしています。パサつかずしっとりとした食感と素朴な味わいがたまりません。
見た目にも可愛く、職人たちの手仕事が光る伊藤軒のお菓子やスイーツは、みんなを笑顔に、幸せな気分にしてくれます。


※フルーツパフェの価格は変更となる場合があります。

カフェで人気の季節限定パフェ。冬のおすすめはなんといっても「いちご畑」!なかでも「3色いちご畑」2,145円(税込)は、3種類のいちごを全部で15個ほど使用した贅沢パフェです。一番上の白いいちごは「パールホワイト」、その下は「淡雪」という品種。底のレモンゼリーと鈴カステラがいいアクセントになっています。

2月は濃厚なせとかをたっぷり使用した「せとか畑」1,760円(税込)もおすすめ。せとかの下にはチョコまんじゅうが隠れています。

スイーツだけでなく、野菜の旨味を存分に味わえるランチメニューも人気。写真は野菜ソムリエが1日の野菜摂取量を考えて作った「野菜ランチ」1,408円(税込)。野菜だけとは思えないボリュームです。

和菓子作りの体験工房もあり、月替わりで季節の和菓子を2種類作ることができます。写真は2月の「おてがる体験」で作る和菓子。可愛らしいモチーフにほっこり。

伊藤軒の代表的銘菓「ごろごろりんごパイ」1個129円(税込)。店頭では1日に3回焼きたてが楽しめます。

カフェや和菓子作り体験を楽しんだら、ショップでお買い物を。
色とりどりの和の焼き菓子が詰まった「た~んと」1袋302円(税込)はお土産にも喜ばれそう。蕎麦ぼうろ、八ツ橋、落雁など、昔ながらの懐かしい味わいが詰まっています。

Informations

京都市伏見区深草谷口町28-1
TEL:0120-929-110(カスタマーサポート)
営業時間 物販は10:00~18:00 飲食はランチ11:00~14:00、カフェ10:00~11:00 (L.O.10:45)・14:00~18:00 (食べ物L.O.17:00・飲み物L.O.17:30)
お休み:原則水曜(最新情報は公式HPにて確認)
◎市バス「深草谷口町」下車、徒歩約3分

◎体験工房(要予約)
本格上生菓子体験とおてがる体験の2コースがあります。予約は公式HP(希望日の7日前まで)または電話・店頭(希望日の前日18時まで ※木曜に体験の場合は火曜までのお申込み)にて。
・本格上生菓子体験
和菓子2種を2個ずつ、合計4個作ります。ドリンク付き。
時間 11:00~/15:00~(所要時間約60分)
人数 2名様~
体験料 2,750円(税込)
※対象年齢は小学5年生以上です
・おてがる体験
季節の和菓子2種を1個ずつ、合計2個作ります。黒豆茶付き。
時間 11:00~/15:00~(所要時間約30分)
人数 2名様~
体験料 1,100円(税込)
※対象年齢は小学生以上です

*新型コロナウイルスの影響で、営業状況が変更になっている場合があります。
ホームページなどでご確認の上、お出かけください。

ちょっと聞いてって、ナイショの話。Instagram

『むすび。』の公式インスタグラム。記事でお届けしきれなかった小ネタや裏話が満載です。