トピックスのトップニュース奈良県の台風被災地へ支援物資をお届け

奈良県の台風被災地へ支援物資をお届け

2011年9月 9日

京都生活協同組合

20110909_narasien01.JPG 台風12号による風水害・土砂災害等で被災されたみなさまに心からお見舞い申し上げます。
 京都生協は、店舗事業連帯をおこなっている「ならコープ」を通じて被災地へ支援物資をお届けしました。お届けしたのは、バナナ20ケース・りんご20ケース、梨10ケース(お取引先様のご協力で用意しました)です。

20110909_narasien02.JPG 20110909_narasien03.JPG  今回の台風12号による土砂崩れなどの被害は、交通やライフラインが絶たれて孤立状態となっている地域も多く、まだ十分につかめていない状況です。奈良県でもとくに被害の大きかった十津川村には、およそ100人のならコープ組合員がおられます。「創立以来はじめて配達することができなかった」と、ならコープ職員の方々も非常に心痛めておられました。現在は、土砂崩れなどで通常ルートが断たれていても、和歌山や三重を迂回して可能なかぎり配達に行っています。

20110909_narasien04.JPG お届けした果物の一部を、ならコープ 小田専務理事が車に積み込み、大塔町と十津川村の役場をめざして出発されました。そのほかの物資とともに、各役場にお渡しして下さいます。被災の状況や必要なものがないかをうかがって、その後の支援活動にいかすとのことでした。残りの果物は、すでに予定されている天川村での炊き出しで利用される予定です。

20110909_narasien05.JPG 20110909_narasien06.JPG
↑(左)ならコープ 小田専務と (右)ならコープ無店舗事業の職員のみなさんと

 ならコープ田原本物流センター事務所に掲示してあった、組合員から届いた生協への応援メッセージをご紹介します。
20110909_narasien08.JPG

京都生協は、今後も、被災地生協からの要望に応じた支援活動を行なう予定です。