« 2011年11月 |2011年12月 | 2012年1月 »

第10回旭の森保全活動を実施しました

2011年12月31日

京都生活協同組合

■実施日時:12月17日(土曜)午前8時40分から午後1時
■実施場所:亀岡市旭町三俣地区湯谷山
■参加者:京都生協森林ボランティアなど40名
■協力:亀岡旭町三俣山組合、京都府立大学森林サークル「森なかま」
 
 今年度最終の森林保全活動はこの冬一番の冷え込みの朝となりました。森林ボランティアのメンバーは旭町自治会館に集合。京都生協渡辺副理事長の挨拶のあと、みんなでしっかりとストレッチ体操を行いました。その後作業グループごとに分かれ、紅葉がすっかり散って落ち葉いっぱいの山道を季節を感じながら湯谷山の活動場所へ移動。
 山の尾根ぞいにはうっすらと雪が積もっていました。
 111217_mf1.jpg

 今回、頂上へ上がる新しい道周辺の除伐と、5月に除伐した雑木を薪の長さに切りそろえる作業などを行いました。また、この湯谷山の「ネズミサシ」や「ソヨゴ」の木々に樹名板を取り付けました。
 
111217_mf31.jpg 111217_mf32.jpg 111217_mf33.jpg
予定ルートにひもを張り(写真左)、ひもに沿って除伐し(中)、道の完成(右)。

111217_mf41.jpg 111217_mf42.jpg
樹名板を取り付けるボランティア。

111217_mf51.jpg 111217_mf52.jpg
薪作りの作業(左)と見晴台から見たふもとの景色(右)

 作業後の記念撮影のころには天気も回復し、ふもとの景色をきれいに見ることができました。
 その後ボランティアは松尾神社へ移動して、豚汁や焚き火で作った焼き芋を食べながらの昼食交流会を開催。豚汁と焼き芋は、森林ボランティアスタッフが用意していたものです。焚き火を囲みながらの交流会では、作業グループの代表が活動の感想を発表しました。
111217_mf7.jpg
見晴台で恒例の記念撮影

111217_mf81.jpg 111217_mf82.jpg
焚き火を囲んでの昼食交流会のようす。「豚汁、おいしかった!」
111217_mf91.jpg 111217_mf92.jpg
グループごとに今日の感想を出し合いました。

 <参加者の感想(抜粋)>
・木の切り方や環境問題について大変勉強させていただいた上に、ナツハゼの実や生き物との出会いなど、山での楽しみも見つけられ満足です。
・作業場に行くまでに山道を歩いているのも、景色を見ながら楽しく歩けました。
・大きな倒木を切りました。中は年輪が見えて、木粉がとてもいいにおいでした。また次も参加したいです。天候もよく、森の癒し効果も実感できて、とてもリフレッシュできました。
・気持ちのいい一日でした。普段のこぎりを持つこともなく過ごしていますが、遠い昔の懐かしい柴刈りを思い出しました。

 2012年度の森林保全活動はコーポロ3月号でご案内の予定です。皆様の参加をお待ちしております。

京都生協の環境の取り組みについてはこちら⇒自然と環境を守る

東日本震災で被災をされた方への個人宅配支援制度の受付期間を延長します

2011年12月29日

京都生活協同組合

 京都生協では東日本大震災で被災され、その後、京都府に一時的に避難されている方が個人宅配をご利用される場合、手数料を割引する「支援制度」を10月より始めました。その支援制度の受付期間を「2011年12月31日まで」としておりましたが、被災地の復興が長期化する状況となっていることから、受付期間を延長いたします。
 延長した支援制度の受付期間は「2012年12月31日まで」とします。
 ※被災地の復興が終息したと判断できるまで、受付期間はさらに延長する場合があります。

支援制度についてくわしくはこちら↓
「東日本大震災で被災をされた方への個人宅配支援制度を行います」

放射性物質による食品への影響に関わる学習会を開催

2011年12月16日

京都生活協同組合

 「消費者庁に聞く!行政の施策」と題し、放射性物質による食品への影響に関わる学習会を開催しました。
111215_1.jpg
 12月15日(木曜)午前10時?12時、キャンパスプラザ京都にて消費者庁消費者政策課長の黒田岳士さんをまねき、学習会を開催しました。
111215_2.jpg
 消費者庁は食品の安全と放射能に関し、消費者が疑問や不安に思っていることをわかりやすく説明する「食品と放射能Q&A」を作成しています。
 今回の学習会では、「食品と放射能Q&A」その他資料を使って、行政が実施している放射性物質検査の内容や検査結果などを聞き、質問や意見交換を行いました。

 消費者庁の取り組みについてはこちら⇒消費者庁ホームページ

京都生協ではこれからも放射性物質に関わる学習の機会をもうけます

京都環境フェスティバル2011に出展しました

2011年12月13日

京都生活協同組合

111212_1.jpg

 12月10日(土曜)、11日(日曜)、京都府総合見本市会館(京都パルスプラザ)で開催された京都環境フェスティバル2011に出展しました。
 京都府生協連のブースで、京都生協の組合員から募集した「おしえて!あなたのお気に入り商品のエコなとこ」のコメントと商品展示を行いました。他にも「さくらこめたまご」などの展示もしました。

111212_2.jpg
 生協のブースでは、クイズに答えていただいた方全員にお菓子をプレゼントしました。また、全問正解の方の中から抽選で温湿度計をお渡ししました。
(写真はブースを訪問いただいた畑中さん親子)

せいきょう虹の会より復興支援活動カンパを贈呈いただきました

2011年12月12日

京都生活協同組合

せいきょう虹の会は、京都生協と取り引きをいただいている企業・団体でつくるお取引先の会です。

111207_niji.jpg

写真右はせいきょう虹の会小川会長、左は京都生協畑専務理事

 せいきょう虹の会は、東日本大震災の支援活動として、京都生協に協力いただき被災地生協への支援物資の提供や支援募金などに取り組んでいただいています。
 このたび、京都生協がおこなう震災支援の活動カンパの取り組みに賛同され、120万円の活動カンパを小川会長より京都生協へ贈呈いただきました。

■活動カンパを利用しての震災支援の取り組み
・12月3日宮城県で炊き出しなどを行いました
・11月27日京都生協本部で餅つき大会開催
・10月8日南三陸町志津川漁連の支援を行いました

■東日本大震災復興支援活動カンパにご協力ください!
活動カンパについてくわしくはこちら

宮城県で餅つきと炊き出しをしました

2011年12月 8日

東日本大震災復興支援
 京都生協職員ボランティア

111208_m1.jpg

 12月3日(土曜)に宮城県の被災地(南三陸町袖浜漁港と登米市南方町の仮設住宅)でお餅つきと炊き出しをしました。  
 みやぎ生協の職員・組合員さん、日本生協連職員のご協力で、現地でついた約1,000個のお餅を「汁餅(おすましのお雑煮)」として炊き出しました。他にもホルモン焼きそばや、サイコロステーキを現地の皆さんに食べていただきました。
 また前週に京都でついたお餅約6,000個を小分けにして、ひとりひとりにお渡ししました。

111208_tobiiri.jpg 111208_watashi.jpg
写真左:現地の方も飛び入りで餅つきに参加。
写真右:お餅配りはみやぎ生協の職員にご協力いただきました。

111208_yaki.jpg 111208_nikuwatashi.jpg 
写真左:鳥取県畜産農協の「ホルモン焼きそば」が大人気でした。作るのが追いつかずてんてこまいのボランティア。
写真右:産直鳥取牛のサイコロステーキもたくさんの方に食べていただくことができました。

111208_syuugou.jpg

 南三陸町、登米市で合計約1,000人の方々へお餅をお渡しすることができました。
 東日本大震災復興支援 京都生協職員ボランティアの活動を支援いただきました皆様に感謝を申し上げます。ありがとうございました。
 京都生協職員ボランティアは今後も被災地の復興支援を続けます。

京都生協本部で大震災復興支援餅つき大会を開催!

2011年12月 2日

東日本大震災復興支援
 京都生協職員ボランティア

11月27日(日曜)午前9時より、「東日本大震災復興支援餅つき大会」を開催しました。 111127_1.jpg

111127_2.jpg 鳥取県畜産農協や鳥取生協、鳥取の小学生が作ってくれたもち米、約200キログラムをつきあげ、約5,000個のお餅を作ることができました。
 応援いただいたボランティアは京都生協組合員、役職員ボランティアだけでなく、鳥取県畜産農協やセンター事業団の方々を含め、約100人の皆様にご協力いただきました。
 ご協力いただきました皆様に感謝を申し上げます。

111127_3.jpg お子さんも参加し、餅つきを手伝ってくれました。参加者みんな、初めはぎこちないつき方でしたが、後半は上手につきあげられるようになりました。
 ついたお餅をすばやく60gに切り、丸めます。ここでも子どもたちが大活躍!丸めたお餅はケースに納め、冷凍庫へ。

111127_4.jpg
おもてなしコーナーのようす(⇒)
 お雑煮やぜんざい、きな粉餅、おろし餅を用意。

被災されて京都におこしの方々にもこの餅つき大会を紹介し、参加いただくことができました。

111127_7.jpg←取材を受けるボランティアスタッフ。
餅つき大会は、KBS京都、NHK、ABC放送、産経新聞から取材を受け、紹介されました。


 11月24日、26日に両丹ブロックでも約1,000個のお餅をついています。そのお餅と合わせて、東日本大震災復興支援 京都生協職員ボランティアでは、12月3日トラック2台、乗用車や貸し切りバスで、宮城県南三陸町の被災された方々に届けます。現地の仮設住宅で、みやぎ生協のボランティアと合流し、この日ついたお餅のお渡し、炊き出しやお餅つきを行います。

台風12号災害支援募金へのお礼とご報告

2011年12月 1日

京都生活協同組合

 9月17日?10月23日の期間に取り組んだ「台風12号災害支援募金」は、寄せられた募金総額が777,227円となりました。募金にご協力いただいたみなさまに厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。

 11月30日に、皆様からお預かりしました募金を、和歌山県生協連、奈良県生協連、三重県生協連が合同で開設した口座へ振り込みました。その後3県連に配分し、各県へ送金され台風12号の被災者支援のために使われます。