トピックスのトップニュース取り組みいわて生協のふれあいサロンへ京都のお菓子を送りました

いわて生協のふれあいサロンへ京都のお菓子を送りました

2013年6月20日

京都生活協同組合

 6月5日いわて生協の「ふれあいサロン」活動で活用いただくために京都らしいお菓子を、と「笹屋伊織の千客万来」を送付しました。
 その後、いわて生協から「サロンでおいしくいただきました」とお礼の連絡をいただいています。


※いわて生協では東日本大震災後、仮設住宅にお住まいのみなさんの交流の場として、またほっとできる場となるよう、「ふれあいサロン」を沿岸被災地で開催しています。盛岡・花巻・北上・一関から、いわて生協のボランティアが数人ずつのチームを作り、バスに乗り合わせて定期的に宮古市・釜石市・大槌町・大船渡市・陸前高田市の仮設住宅集会室や公民館などを訪問。お茶を飲みながらおしゃべりしたり、手芸、ヨガ、カラオケなどで楽しいひと時をすごしています。