トピックスのトップニュース取り組み宮城県で漁連支援とバーベキュー大会をしました

宮城県で漁連支援とバーベキュー大会をしました

2013年7月 3日

東日本大震災復興支援
京都生協職員ボランティア

 6月29日(土曜)、宮城県漁協の復興支援活動と南三陸町志津川漁港で100人分、登米市南方町の仮設住宅では800人分のバーベキューをしました。
130629_0.jpg

 今回京都生協職員ボランティアは職員の家族やその友達を含め35人で活動。鳥取県畜産農協・みやぎ生協のボランティアもいっしょに支援活動しました。2012年夏に「海の虹プロジェクト」へ参加した中学生もかけつけてくれ、土のう作りに参加しました。
 当日は濃い霧が立ち込める肌寒い日でしたが、復興作業とバーベキュー大会を無事終了できました。
130629_1.jpg 130629_2.jpg
写真左:みんなでいっせいに土のう作り、右:養殖棚作成用のロープ切り

130629_5.jpg 130629_3.jpg
左:みやぎ生協のボランティアは地元の温麺(ウーメン)を炊き出しました
右:職員の家族(中学生)も準備を頑張りました

130629_4.jpg 130629_4.5.jpg
左:海の虹プロジェクトに参加した中学生も今では高校生
右:炊き出し終了後は漁連のみなさんと交流会を行いました

 漁連での交流会では、今回初めて参加した大学生のみなさんから「みんなが行くからついてきましたが、被害の大きさに本当にびっくりしました。自分の目で見ることができてよい経験になりました。」「震災時はまだ高校生で、何かしたいと思っていたけど何もできないことが残念でした。でもいまこうやってくることができてうれしいです。復興といってもこれからだということを京都に帰って友達に伝えようと思います。」などの声が上がっていました。

 午後は登米市の仮設住宅に移動して炊き出しました。
130629_20.jpg 130629_21.jpg
左:たくさんの皆さんが集まってくれました、右:てんやわんやの裏方

130629_30.jpg 130629_31.jpg 130629_32.jpg
牛肉約100キログラム、野菜山盛りを手際よくバーベキュー

130629_9.jpg 130629_10.jpg
左:仮設住宅で歌の支援を行っている京都市出身の松井さん
右:現地のみなさんにいただいたメッセージ付きの手作りお菓子

 京都生協は、今後も被災地への息長い支援に取り組みます。

※今回の活動は京都新聞福祉活動支援助成を受けています

■震災支援の活動カンパ協力のお願い
 震災復興支援は今後も継続し、長期にわたる活動になります。この支援活動への「カンパ」を組合員の皆様に呼びかけています。ぜひご協力ください。
 使途など詳しくはこちら⇒東日本大震災 震災支援のとりくみ

【共同購入・個人宅配】
一口100円 の募金を受け付けています。
注文書に注文番号を記入、またはeフレンズ(インターネット注文)の 「注文番号で注文」で注文番号を入力してください。
6ケタ注文番号 : 294730
※注文個数1を記入で100円、5を記入で500円
【店頭募金】
専用募金箱を設置しています。