« 2013年9月 |2013年10月 | 2013年11月 »

農業体験:紫いものいも掘りをしました

2013年10月30日

京都生活協同組合

 10月27日(日曜)亀岡市 旭町で、農業体験『紫いもを掘ってみよう!たべてみよう!』を開催しました。
131030_imo01.jpg

 11月2回と4回に生協の配達で企画されている「三煌アグリブレーンシステム」さんの畑をお借りし、体験させていただきました。
 台風情報などがあり一時は開催が危ぶまれましたが、当日はそれまで続いた雨空と打って変わった晴天となり、大人29人子ども21人の参加で絶好のいも掘り日和となりました。

参加者の感想 (抜粋)
・久しぶりの田舎を感じる事が出来、子どもとともに良い体験が出来ました。
・ゆっくりした時間の中で楽しめました。
・子どもより夢中になって掘りました。
・むらさき色とはきいていたけど、まさか中までとは思ってませんでした。家でどんな料理がでてくるのか楽しみです。(子ども)
・楽しかったこと、おイモをほること、カエル探し、しぜんがいっぱいでよかった。(子ども)
・ちいさいのやおおきいおいもがいっぱいありました。(子ども)

131030_imo001.jpg 131030_imo002.jpg
写真左:三煌アグリブレーンシステムの藤村さんから、おいもの掘り方を教えていただきました。

131030_imo003.jpg 131030_imo004.jpg
大人も子どもも、夢中になって掘りました。

131030_imo005.jpg 131030_imo006.jpg
写真右:働いたあとのおにぎりは「おいしい!」

131030_imo007.jpg 131030_imo008.jpg
写真左:持ち帰り用のおいもは念入りに選びました。
右:なかなか焼き芋ができないので、みんなで新聞を丸めるお手伝いをしてくれました。

131030_imo009.jpg 131030_imo010.jpg
写真左:藤村さんから、亀岡の農業の現状や三煌アグリブレーンシステムが目指す夢のある農業についてお話いただきました。
右:京都生協の福永より、京都生協の地産地消について説明をしました。

131030_imo011.jpg 131030_imo012.jpg
焼きたてのおいもはおいしい。

仏壇・仏具 「年末セール」を開催

2013年10月29日

京都生活協同組合

 クオレ案内センター「コープ仏壇店」にて 期間中、生協おすすめの仏壇、仏具がお得に購入できる「年末セール」を開催します。 「松榮堂」や「薫寿堂」のお線香、お香も取り扱っています。 喪中ハガキが届いたら・・・進物用に線香をお送りしてはいかがでしょうか。     ■セール期間中ご来場の方には粗品を進呈!

  11月9日(土曜)?12月23日(祝、月曜)まで
  午前9時?午後6時まで(無休)

・場所:京都生協クオレ案内センター 「コープ仏壇店」
・住所:京都市中京区西ノ京星池町15(コープ二条駅店北側)
     フリーダイヤル 0120−402−900
     営業時間内(午前9時?午後6時)にお電話下さい
     交通 JR・地下鉄東西線「二条駅」下車すぐ
     京都市バス・京都バス「二条駅前」下車すぐ                       

 ??お墓にまつわるご相談??
 お墓にまつわるご相談もたまわります。
専任担当者がどのようなご質問にも丁寧にお答えさせていただきます。
 お気軽に上記フリーダイヤルへご連絡を!!

暮らしを取りまく問題などについての学習会を開催しました

2013年10月23日

京都生活協同組合

 10月22日(火曜)京都テルサで、香川大学医学部非常勤講師の中尾卓嗣氏と、消費者庁長官の阿南久氏を招いて学習会を開催しました。
 当日は京都テルサの東館セミナー室に145人が参加し、暮らしを取りまく問題や食育、生活協同組合への期待についてを学びました。
131022_gakusyuukai1.jpg

131022_gakusyuukai2.jpg 第一部の中尾卓嗣氏の講演では、子どもの心と体の健全な発育について、環境・食問題など身近な視点を絡めてお話しいただきました。
 参加者の感想から(抜粋)
「初めは強烈な話し方で少し戸惑いましたが、聞いていくうちどんどん引き込まれました。そして最後は涙が出てきました」「中学生の子どもに聞かせたいお話でした」

131022_gakusyuukai3.jpg 第二部の阿南久氏の講演では、消費者を取り巻く問題や今後の消費者行政の展望、生活協同組合への期待についてをお話しいただきました。
 参加者の感想から(抜粋)
「消費者庁という官庁があることを初めて知りました。身近なくらしの活動をしてもらっていることを知り、うれしくなりました」「アブナイカモのダンス、娘と踊ります!」「消費者庁のホームページ、さっそく見ます」

■ホームページはこちら⇒消費者庁
■おしえてねアブナイカモの歌はこちら ↓
「子どもを事故から守る!プロジェクト」テーマソング

京都市社協と「見守り活動」の協定を締結しました

2013年10月21日

京都生活協同組合

 10月19日(土曜)に下京区のひとまち交流館・京都で、社会福祉法人京都市社会福祉協議会と「高齢者等の見守り活動に関する協定書」を締結し、その披露式が行われました。
1021_shisyakyouteiketu.jpg
写真:左から村井京都市社協会長、門川京都市長、橋村京都市会議長、渡邉京都生協理事長
 この協定は生協の配達時等に、「郵便物や新聞等が溜まっており、声をかけても不在の場合」などの異変を発見した場合、京都市内の11の区社会福祉協議会に通報するという取り組みで、京都府内では久御山町社会福祉協議会と締結しています。
 京都市では、災害時要援護者名簿を活用した社会福祉協議会による見守りネットワークがすでに構築されていますが、今回の協定で、このネットワークに京都生協が加わることとなりました。
1021_shisyakyouteiketu1.jpg 京都生協は京都市内で食品・日用品の週1回の配達以外に、月?金曜日の夕食サポートを配達しており、この夕食サポート配達時も対象に見守り活動を行います。
 京都生協は、住み慣れた地域で安心してくらし続けるため、地域の見守り活動に取り組みます。

写真:夕食サポートのお弁当

夕食サポートについて詳しくはこちら


コープらくさいがリニューアルオープンしました

2013年10月18日

京都生活協同組合

 改装のため休業中であったコープらくさいがリニューアルオープンいたしました。
131018cut.jpg

 新たに地元らくさい地域や京都八木町などの「地場野菜コーナー」の設置や昭和6年創業の京都のお肉やさん「さのや」がテナントとして入り、組合員のみなさまのお越しをお待ちしています。他にも店内にて手作業でつくる「おそうざいコーナー」も充実、鮮魚コーナーでは毎週月曜金曜の直送便に加え、木曜は「トロ箱市」を開催いたします。
 ぜひ、新しくなったコープらくさいにお立ち寄りください! 

コープらくさいについてくわしくはこちら⇒地図などのご案内

131018nigiwai.jpg 131018jibayasai.jpg
写真左:開店時の賑わいの様子、右:地場野菜コーナー

131018souzai.jpg 131018sanoya.jpg
写真左:充実したおそうざいコーナー、右:お肉の「さのや」が新たに仲間入り

「はごろもシーチキンマイルド」及び「CO・OP&はごろもシーチキンマイルド」 自主回収のお知らせ

2013年10月15日

京都生活協同組合

 組合員のみなさまへ
 いつも京都生協をご利用いただきありがとうございます。
 はごろもフーズ(株)、および日本生協連から表記商品について自主回収を行いたいという連絡がありました。はごろもフーズ(株)の回収理由は、消費者から「味に違和感を感じた」という申し出があり、当該商品を検査したところ、基準値を上回るヒスタミンを検出したためです。
 これをうけて、日本生協連は「CO・OP&はごろもシーチキンマイルド」についても製造委託先のはごろもフーズ(株)の商品と同時期に製造しているため「念のため」に回収する、というものです。

 ヒスタミンは、魚肉中に多く含まれるアミノ酸から、酵素により生成されるもので、召し上がる量と個人差にもよりますが、アレルギーに似た症状が出ることがあります。

 組合員の皆さまには、ご心配ご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。

・日本生協連のご案内はこちらです ↓
「CO・OP&はごろも シーチキンマイルド 70g」の回収に関するお知らせとお詫び

消費税増税に関する要望書を送付しました

2013年10月11日

内閣総理大臣 安倍 晋三 様

京都生活協同組合
理事長 渡邉 明子

消費税増税に関する要望書

 2013年10月1日、安倍首相は2014年4月からの消費税8%への増税を正式に表明されました。
 この間、京都生協は「社会保障・税一体改革」の重要性も踏まえた上で、「消費増税実施時期の妥当性」、「財政支出削減の努力」、「消費税の逆進性への対策」、「食料品などへの軽減税率」を含めて総合的な論議がなされるように要望してきました。
 経済再生の重要性は理解できますが、「社会保障・税一体改革」は先送りされ、経済成長優先としか思えない議論になっていることに不安をおぼえます。世論調査の結果、国民は消費税の必要性を認識しながらも「法人税の減税等を通して雇用や賃金が増えるか」ということついては厳しい見方をしています。
 今回の増税決定は、景気回復の実感がない中で、厚生年金保険料の引き上げ、食料品等の値上げなどと一体になって、消費者により厳しいくらしを強いることになります。
 京都生協は、消費者の家計への影響を考え、以下のことをあらためて要望します。


1.消費税増税だけが先行し、財政支出の削減や社会保障と税について、十分な論議がなされていないことは遺憾であり、京都生協の家計簿調査からも「消費税が何に使われているのか実感が持てない」「消費増税は苦しい、社会が良くなるために大切に税金を使ってほしい」という声が寄せられています。あらためて「社会保障・税一体改革」の全体像を示し、丁寧な合意形成を行なうことを求めます。

2.低収入世帯ほど負担率の高い消費税の逆進性対策については、住民税非課税者への1万円支給等が出されていますが、効果が不透明であり、より精度の高い低収入世帯への対策を求めます。
 合わせて、食料品などへの軽減税率の論議を早急にすすめていただくことを求めます。

以上

プリマハム「ミニロールキャベツ」日本生協連「CO・OPうずまきロールキャベツ6個」商品回収のお詫びとお知らせ

2013年10月10日

京都生活協同組合

 組合員のみなさまへ
 いつも京都生協をご利用いただきありがとうございます。
  さて、標記の商品について、取引先のプリマハム及び日本生協連から、自主回収の要請がありました。
 理由は、自主検査の結果ロールキャベツを巻く帯に使われていたパパイアの皮が契約とは異なる遺伝子組み換え品種であったことが判明したためです。
 つきましては、お手元に下記の商品をお持ちであれば、次週の配達の際に配達の者までご返品くださるようにお願い申し上げます。商品代金をお返しします。
 なお、これらの商品について、現在まで健康に関わるお申し出はありません。
 ご利用いただきました組合員の皆様には、ご心配とご迷惑をおかけしますことお詫び申し上げます。

<対象の商品名>
1.プリマハム「ミニロールキャベツ」
  JANコード 4902586041780
  10月2回(10月7日?11日)でお届けした商品が対象です。

2.「CO・OPうずまきロールキャベツ」
  JANコード 4902220071722
  賞味期限が2013年11月5日から2014年8月20日までのものが対象です。

・日本生協連からのご案内はこちら ↓
日本生協連「『CO・OPうずまきロールキャベツ』の回収に関するお知らせとお詫び」

・コープきんきからのご案内はこちら ↓
コープきんき「『プリマハム ミニロールキャベツ』『CO・OPうずまきロールキャベツ』の回収のお詫びとお知らせ」

きかんしエムエス様より復興支援活動カンパ

2013年10月10日

京都生活協同組合

 京都生協の宣伝広告の企画・制作にご協力いただいてる株式会社きかんしエムエス様より、京都生協の東日本大震災復興支援活動カンパとして300,000円をいただきました。
 きかんしエムエス様では業務の奨励事例に対し表彰されており、今回社員様からの「表彰の報奨金の半分を大震災への復興活動カンパにしてはどうか」という提案を採用されたことによるものです。

131010_bokin.jpg
写真:きかんしエムエス小牧俊典専務取締役(右)よりカンパをお預かりしました。

■京都生協の震災支援活動についてはこちら⇒震災支援のとりくみ

省エネチャレンジへの参加をありがとうございました

2013年10月 9日

京都生活協同組合

 省エネチャレンジにご参加いただきました皆様に感謝を申しあげます。ありがとうございました。
 今年は、これまでにない猛暑・酷暑となり、多くの方がどうしてもクーラーの使用量が増えて、とりくみが難しかったなどの感想が多くあがっていました。

 全体で、256名の方から提出があり、削減できた方は、177人。
みなさんのがんばりで 2973キログラム(25メートルプール約3杯分)のCO2を削減できました。
※1トンのCO2(気体)の体積は、546立方メートル(1気圧、20度)。25メートルプール(横25メートル×縦15メートル×深さ1.5メートル)1杯分に相当。


世帯当たりの平均排出量 145.2キログラム  一人当たり平均排出量 45.3キログラム
※2011年度 全国平均世帯当たり261キログラム(温室効果ガスイベントリオフィス「日本の1990〜2011年度の温室効果ガス排出量データ」から電気・ガス・LPG・水道のみを集計し計算)

前年からもっとも減らせた方は、142.4キログラム(6人家族)削減されています。
一人当たり排出量が最も少ない方は、15.1キログラム(4人家族)でした。

世帯人数ごとの平均一人当たり排出量は以下のようになっています。

世帯人数
1人
2人
3人
4人
5人以上
世帯数
11世帯
77世帯
62世帯
65世帯
39世帯
一人当たり排出量
(キログラム)
76.1
56.1
53.0
37.3
37.4

取り組みされた皆様の「工夫」「感想」はこちら⇒ファイルをダウンロード

親子で手づくりマヨネーズ教室を開催!

2013年10月 8日

京都生活協同組合

 9月27日(土曜)コープきぬがさで、親子で手づくりマヨネーズ教室を開催しました。 12組(大人12人、子ども15人)27人の参加がありました。 131008_1top.jpg

 最初に組合員サポーターの引率のもと、子どもたちだけで店舗にお買い物に行きました。3班に分かれ班長さんを決め、リストを見ながら、「ハムあった。」「きゅうりここ」と楽しくお買い物ができました。
 支払いのあとは大きい子どもが自然と小さい子どもの手を引いたり、軽い商品を持たせてあげたりしてみんなで手分けしながら持ち帰りました。
 子どもたちがお買い物をしている間、親たちは子どもの食事などについてを交流しました。
 お買い物後は、サポーターの柴さんの指導で、しっかりと泡だてて手あらいしました。
 子どもたちは先生の見本をしっかり見てからマヨネーズづくりにチャレンジしました。30分近く混ぜ続けトロトロのマヨネーズができあがりました。
 マヨネーズのあとは野菜サラダづくり。みんなでキュウリやニンジンなどを切ってきれいに盛り付けました。早くできあがったチームは豆乳マヨネーズにも挑戦しました。
 自分たちでがんばって作ったマヨネーズは、格別においしかったようです。子どもたちみんなはサラダ・パンとともにすべてをたいらげました。
 昼食のあとは「マヨネーズ博士」の認定書の授与式。最後にしっかり後片付けを行い、無事終了しました。

131008_1syuppatu.jpg 131008_2korekana.jpg 131008_3siharai.jpg
写真左:お買いもの出発、中:「これかなぁ」、右:お支払い中

131008_4kanryou.jpg 131008_5inaiaida.jpg 131008_6tearai.jpg
写真左:お買いもの完了、中:大人は交流会中、右:きれいに手洗い

131008_7sensei.jpg 131008_8tyouri1.jpg 131008_9tyouri2.jpg
写真左:先生のお話をよく聞いて、中、右:協力して作り上げます

131008_10morituke.jpg 131008_11kansei.jpg 131008_12itadakimasu.jpg
写真左:盛り付け中、中:完成、右:「いただきます!」

131008_13.5tyoumiryo.jpg 131008_13oisii.jpg 131008_14juyosiki.jpg
写真左:隠し味にごま油などの調味料を、中:「おいしい!」、右:認定書授与式

131008_15ninteisyo.jpg 131008_16atokataduke.jpg
写真左:認定書を持って、右:最後にしっかりとお片づけ

「くらしを守る取り組みを支える募金」にご協力ください

2013年10月 5日

京都生活協同組合

 経済不況やくらしの不安が広がっている中、組合員一人ひとりがくらしに関わるさまざまな問題について理解を深め、また学び合う活動が引き続き求められています。これらの活動をすすめるために「くらしを守る取り組みを支える募金」に取り組みます。
 ご協力をお願いします。

○募金のおもな使用目的
 くらしの安心を実現するための取り組みや、税・社会保障を考える取り組みの学習・宣伝費用、京都消費者大会、母親大会などの参加費用、および分担金。

○募金方法
■10月14日?11月15日の5週間、OCR注文書で募金できます。(1口100円)
■くわしくは、10月7日?11日の週に、共同購入・個配注文書と一緒に配布される、募金呼びかけチラシをご参照ください。
※「eフレンズ」でも募金できます。

いわて生協ふれあいサロンからお礼のお手紙が届きました

2013年10月 4日

京都生活協同組合

 いわて生活協同組合より、「ふれあいサロン」で活用いただくために送付したお菓子への、お礼の手紙が届きました。

131004_iwateotegami.jpg
京都生協は、今後も被災地への息長い支援に取り組みます。

 

■震災支援の活動カンパ協力のお願い
 震災復興支援は今後も継続し、長期にわたる活動になります。この支援活動への「カンパ」を組合員の皆様に呼びかけます。ぜひご協力ください。
*適正な管理をするために、組合員理事2名、常務理事1名で「活動カンパ」管理委員会を設けます。

「東日本大震災支援の活動カンパ」の使途について
■ 被災地生協からの要請に基づく物資の調達費用。
■ 組合員への震災支援の広報活動。
■ 組合員・職員の震災ボランティア活動を支援する費用。
■ 京都に避難している被災者を支援する活動。

【共同購入・個人宅配】一口100円 の募金を受け付けています。
注文書に注文番号を記入、またはeフレンズ(インターネット注文)の 「注文番号で注文」で注文番号を入力してください。

6ケタ注文番号 : 294730 ※注文個数1を記入で100円、5を記入で500円

【店頭募金】 専用募金箱を設置しています。

高野 優さん子育て講演会を開催しました

2013年10月 1日

京都生活協同組合

子育ていろいろーみんなでゆったりー
高野 優さん子育て講演会を開催しました

131001_yu0.jpg

 9月29日(日曜)福知山市の京都共栄学園高校で、子育て世代から人気のあるマンガ家・エッセイストの高野優さんを講師にお迎えし、子育て講演会を開催しました。
 台風18号の水害により講演会場が変更となりましたが、子育て中の父母ら約80名が参加しました。高校生、中学生、小学生の3人のお母さんである高野さんの、子育て体験談をイラストに描きながらお話いただきました。スクリーンを見ながらそのお話に吸い込まれ、笑いあり、涙ありの感動の90分間を楽しみました。出産時のエピソードから子どもの発達、思春期を迎える子どもにどのように接するのか、高野さんご自身のユーモアと温かい心があふれるお話に会場全体、終始和やかな雰囲気に包まれました。
 子育てを樹木に例え、「悩みや苦労、喜びを経て大木になる。そして周りのサポートを得て実がなり花が咲く。その実りや花を今度は周りの人に?いで恩返ししていけばいい」と語られました。一人で悩み抱え込まずに周りに頼って、支え支えられ、そのバトンを周りに?いでいってほしいという高野さんのメッセージが子育てに奮闘する母親たちへの力強い励みとなりました。

<参加者の感想>
・こんなに沢山笑って泣いて感動した講演会は初めてでした。自分の子どもだけでなく周りの子どもにもあたたかいお守りを沢山もたせてやりたい。そして子育て応援のバトンを渡していけたらなと思います。
・高野さんの話に涙しました。最近子どもの怒ってばかりの私の心がリセットされた気がしました。高野さんの言葉を忘れず、毎日言葉のお守りを作っていきたいと思いました。
・思春期の子どもがいるので大きな音をたてる荒っぽい行動やこわい顔も“自分に注目してほしい“というサインだと、いいお話がうかがえました。自分自身で舵をとる人生が素晴らしいと伝える事、家族にやさしいお守りを沢山与えること等を大切に過ごしていきたい。

131001_yu.jpg 131001_welcome.jpg
左:イラスト描き、スクリーンを見て楽しむ講演でした
右:高野さんのイラストウェルカムボード

131001_takuji.jpg 131001_sign.jpg
左:高校生が託児に協力してくれました
右:イラスト入りサイン会ではひとりずつに温かい言葉を交わしながら和やかに


くらしの助け合いの会」募金のお礼

2013年10月 1日

京都生活協同組合

 4月に募集させていただきました「くらしの助け合いの会」への募金金額が、
544,559円で確定しました。たくさんのご協力、大変有難うございました。

tasukeai.JPG 「助け合いの会への登録参加だけでなく、募金という形で応援ができるはいいね!」との声もいただいています。みなさんのお気持ちを大きな励みに、さらに「おたがいさま」の気持ちで、助け合いの活動を広げていきます。
 引き続き、ご支援をよろしくお願い致します。