トピックスのトップニュース取り組み被災地訪問交流ツアーを実施しました

被災地訪問交流ツアーを実施しました

2013年12月 4日

京都生活協同組合

 11月30日(土曜)12月1日(日曜)の2日間、京都生協組合員の被災地訪問交流ツアー参加者11名が、宮城県南三陸町や石巻市を訪問しました。
131203_houmon0.jpg
みやぎ生協東日本大震災学習・資料室で説明を受けるツアー参加者

131203_houmon01.jpg 131203_houmon02.jpg
写真左:記念館には京都生協から送ったメッセージが掲示されていました
右:県内各地域での津波の高さが表示されています

■11月30日(土曜)
・みやぎ生協(仙台市)の東日本大震災学習・資料室を見学
・登米市南方の仮設住宅集会所で、住民の皆さんと交流会
■12月1日(日曜)
・震災語り部さんと共に南三陸町各地を訪問
・復興仮設商店街「さんさん商店街」で昼食と買い物
・石巻市街地を訪問
 参加者からは「2年半経った今だからこそできる支援もあると感じました」などの声が上がっていました。

131203_houmon03.jpg 131203_houmon04.jpg
左:登米市南方の仮設住宅集会室で入居者との交流
右:南三陸町立戸倉小学校の児童はこの山に避難し、歌を歌って一夜を明かしました。津波は山肌を削っていきました。
131203_houmon05.jpg 131203_houmon06.jpg
左:戸倉中学校にて。地震発生時間で止まったままの時計
右:高台の中学校にもこの高さまで波が到達しました
131203_houmon07.jpg 131203_houmon08.jpg
左:復旧した宮城県漁協志津川支所の仮設カキ処理場 右:参加者の皆さん
131203_houmon10.jpg 131203_houmon09.jpg
左:南三陸町防災庁舎跡にて 
右:がれきや残っていた建物は片付き、土地のかさ上げがこれから行われます
131203_houmon11.jpg 131203_houmon12.jpg
左:石巻市の様子。広大な空き地が広がっています 右:石巻市立大川小学校