« 2015年1月 |2015年2月 | 2015年3月 »

コープ醍醐石田で、JICAの省エネ研修会が行われました

2015年2月25日

京都生活協同組合

2月25日コープ醍醐石田で、JICA(国際協力機構)による省エネのとりくみについての研修会が開かれました。
150225FG0.jpg

 この研修はJICA国際研修「民生部門の省エネ推進コース」の中に組み込まれたもので、コスタリカ、エルサルバドル、マーシャル、サモア、フィリピン、インドネシア、ヨルダンの7カ国から10人のエネルギー政策を担当する皆様が参加されました。研修生は、京都生協と一緒に省エネをすすめているファイナルゲートより、コープのお店で取り組んでいる事例説明を受けた後、実際に店内や作業場・機械室などを見学されました。
150225FG02.jpg 150225FG01.jpg

 現在京都生協のお店では省エネの取り組みとして、店内の不要な照明の消灯や照明のLED化、冷蔵機器の室外機の効率改善など、220項目の工夫を行っています。

150225FG04.jpg
全員で記念撮影

 コスタリカの研修員は「今回学んだ省エネの工夫を、本国の民間企業に伝え、経費削減の参考にしていただきます」とコメントを述べられました。

たべる*たいせつキッズクラブサポーター募集

2015年2月24日

京都生活協同組合

kids.png■活動内容
幼児から小学生を対象にした料理教室や学習会、産地見学などの企画運営をしていただくボランティアスタッフです。
気軽にお問い合わせください。

月1回のミーティングの他、内容に応じて集まります(交通費実費支給)
◆ミーティング会場:せいきょう会館
    (地下鉄丸太町下車)

◆任期:4月から翌年3月

◆募集人数:10人(応募多数時は選定あり)

◆申し込み締め切り:3月31日(火曜)

◆申し込み・問い合わせ:組織運営部
         でんわ 075?672−6304(神田・板倉)

桂川流域クリーン大作戦に参加しました

2015年2月23日

京都生活協同組合

2月22日(日曜)第8回桂川流域クリーン大作戦(主催:桂川流域クリーンネットワーク)に、京都生協職員とその家族10人がボランティアで参加しました。他団体と一緒に、久世橋近辺の担当エリアでゴミを収集しました。

150223souji0.jpg
清掃後の記念撮影

150223souji10.jpg 150223souji20.jpg
ペットボトルや、ナイロン袋などでゴミ袋もすぐにいっぱい

150223souji30.jpg150223souji40.jpg
清掃前と清掃後

第17回商品大交流会の参加受付は終了しました

2015年2月20日

京都生活協同組合

第17回 商品大交流会の参加申し込みは定員に達したため、
受付を終了しました。

案内チラシはこちら↓
第17回商品大交流会チラシ(PDF)
daikyouryu17.jpg

なお、当日午前10時?11時20分 みやこめっせにてユニセフお年玉募金贈呈式を実施します。
詳しくはコチラ→ユニセフお年玉募金贈呈式チラシ.pdf

きょうされん国会請願署名にご協力ください

2015年2月 9日

京都生活協同組合

kyousaren0.JPG38回目をむかえる「国会請願署名・募金」は、障がいのある人たちの切実な願い・声を国や国会議員に届ける大切な取り組みとなっており、これまで多くの障害者施策の改善につながってきました。今回は、障害者総合支援法を見直し、障がいがある人もあたりまえに働きえらび暮らせる社会を目指す取り組みです。いっそうのご理解、ご協力をお願いします。

<署名方法>
署名用紙を2月9日(月曜)?13日(金曜)に配布します。
署名用紙は、注文書フォルダーへ入れて担当者にお渡しください。
・署名は、年齢・国籍を問わず、どなたでもOK!(提出は3月末まで)
ぜひ、ご家族みなさんで署名をお願いします。
・住所が同じ場合は、「〃」で省略も可能です。
<募金方法>kyousaren1.JPG
■宅配をご利用の方
2月4回?3月3回の注文用紙に口数をご記入ください。
(インターネット注文eフレンズでも同様に募金できます)
注文番号999  きょうされん募金1口 100円
※ポイントによる募金もできます。
(3月2回のみポイントからは募金できません)
注文番号279960 ポイントから募金1口 100円

きょうされん署名・募金の呼びかけチラシはこちら
きょうされん署名・募金チラシ.pdf
署名用紙はこちら
署名用紙ファイルをダウンロード

被災地生協へ京都のお菓子を送りました

2015年2月 4日

京都生活協同組合

 1月15日いわて生協、みやぎ生協、コープふくしまへ、京都のお菓子を送りました。
%E5%8D%83%E5%AF%BF%E3%81%9B%E3%82%93%E3%81%B9%E3%81%844.jpg

 被災地各生協は現在も仮設住宅でのサロン活動を継続しています。その活動で活用いただくために、今回は京菓子處 鼓月の「千寿せんべい」を送付しました。
 京都生協は今後も東日本大震災復興を支援します。
 組合員の皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

「東日本大震災支援の活動カンパ」の取り組みや
「活動カンパ」管理委員会についてはこちら ↓
震災支援の活動カンパ協力のお願い!