トピックスのトップニュース取り組み夏休みエコ教室2016を開催!

夏休みエコ教室2016を開催!

2016年8月25日

京都生活協同組合

 8月8日(月曜)から23日(火曜)までの5日間、コープ桃山、コープらくさい、コープ城陽、コープ下鴨、舞鶴市中総合会館の5会場で、夏休みエコ教室を開催しました。
160825eco0.JPG
 地球温暖化は今大きな問題となっています。これからの地球を支えていく子どもたち(小学生)を対象に、温暖化のことを学ぶ場として京都府内5会場で開催し、95人の小学生と55人の保護者が参加しました。

 まず、スライドで温暖化の実態やその影響、そして原因とこれから私たちがすべきことについて学びました。その後、自然エネルギーの中で太陽光の力を実感するために簡易なソーラークッカー作りを行いました。完成後は、あらかじめセットしておいたヤカンの水温をはかりました(90度になっていたのでビックリ!)。次にコープの店内でコープのエコなところを発見するために働く職員に「エコのために何をしていますか?」と質問を投げかけました。最後に、学んだことを感想文にして、修了書と賞品をもらいました。熱い熱い8月でした。地球温暖化を実感し、この問題について学ぶ場となりました。
160825eco09.JPG 160825eco07.JPG
左:地球の温暖化をスライドや体感しながら学びました。
右:このソーラークッカーでは1時間半で90度のお湯となりました。


160825eco02.JPG 160825eco01.JPG
ソーラークッカー作りに励んでいます。
160825eco08.jpg<参加した子どもたちの感想>
・ソーラークッカーでいろいろ作りたい。楽しくエコに関して学べてよかった。
・コープのお店がこんなにエコに取り組んでいるなんて知らなかった。
*この企画は京都府地球温暖化防止活動推進センターのご協力をいただきました。