トピックスのトップニュースお知らせ

京都市社会福祉大会でくらしの助け合いの会の下京区の活動が表彰されました

2015年01月21日

せいきょう くらしのたすけあいの会

 1月6日(火曜)ホテルオークラで、京都市と京都市社会福祉協議会主催の京都市社会福祉大会が開催され、くらしの助け合いの会下京区の活動が表彰されました。
150121_tasuke0.jpg 京都社会福祉大会は、毎年、福祉に関わって活動されている団体や個人に対して、その活動に労いをこめて表彰し、一層その活動が広がることを願って開催されます。今回は、全体で473名の方と47の団体が表彰されました。下京区のくらしの助け合いの会は、京都市の社会福祉協議会から推薦を受けて表彰されるはこびになりました。下京区のメンバーは、この表彰を受け、引き続き地域の福祉活動をすすめる一員として努力を重ねていきたいと思っています。他の行政区のくらしの助け合いの会でも地域の諸団体と連携しながら福祉のまちづくりの役に立てるように活動していきたいと話し合っているところです。
第二部では「なぜ『ごみ屋敷』に至ってしまうのか」と題して記念講演がありました。
 大会宣言では「近年、孤独死や引き込もりなどの社会的孤立や、貧困など生活困窮の問題が深刻化する中、制度の狭間や支援の拒否等の福祉的課題を抱えている方が増加してます」として「本日の『京都市社会福祉大会』に参集した私たちは、ともに信頼の絆を深め、京都の福祉力を高めていくことを決意し、ここに高らかに宣言します」として参加者で確認をしました。
150121_tasuke01.jpg

福島県から手紙が届きました

2015年01月09日

京都生活協同組合

 福島県の仮設住宅にお住まいの方から、新年のご挨拶とサロン活動で利用いただくために送ったお菓子へのお礼状が届きました。
 以下にお手紙を紹介します。
150109tegami.jpg
「新年あけましておめでとうございます。
昨年はお菓子、まんじゅうと多くのご支援をいただきまして、ありがとうございました。お礼が今年になってしまいましたことお許しください。
仮設のみんなでたいへん美味しくいただいきました。
お茶会など楽しい時間を過ごさせていただきました。
もうすぐ四年になろうとしておりますが、復興しているとは少しも感じていない中で、皆様の温かい心に支えられましてがんばっています。復興とは元の生活に限りなく近い生活をすることなのです。
そして、原発と人間は決して共存できるものではありません。
今、福島の私たちを、忘れないでいただけることが、私たちにとって最大の生きる力となっております。
本当にありがとうございます。
重ねて感謝を申し上げ、乱筆乱文ですが失礼いたします。

飯舘村 松川第二仮設 管理人」

ユニセフお年玉募金にご協力ください

2015年01月05日

京都生活協同組合

unicef2015_1.jpg
unicef2015.jpg

京都生協は毎年「ユニセフお年玉募金」を呼び掛けています。その中から毎年300万円をラオス指定募金としています。今回、300万円を超える募金額は、エボラ出血熱緊急募金として日本ユニセフ協会に送ります。ご協力をよろしくお願いいたします。

<募金方法>
■宅配をご利用の方
1月3回~2月3回の注文用紙に口数をご記入ください。
(インターネット注文eフレンズでも同様に募金できます)
注文番号   999  ユニセフ募金1口 100円
注文番号294721  ユニセフ募金1口1000円
131227unicef.JPG
ポイントによる募金もできます。
注文番号279960 ユニセフ募金1口 100円
■店舗をご利用の方
サービスカウンターに募金箱をご用意しています。(2月末日まで)

ユニセフお年玉募金のチラシはこちら
ユニセフチラシ表面.pdf  ユニセフチラシ裏面.pdf

※3月7日(土曜)午前10時~11時20分 みやこめっせにてユニセフお年玉募金贈呈式を実施しますので、ぜひお越し下さい。
詳しくはコチラ→ユニセフお年玉募金贈呈式チラシ.pdf

コープきぬがさが移転オープンしました

2014年12月12日

京都生活協同組合

本日、コープきぬがさが旧店舗東側へ移転し、新たにオープンしました。
オープン18年を迎え、新しく生まれ変わって再スタートしたお店は、コープならではの「おいしさ」「楽しさ」「安心」をたっぷり詰めこみました。
新しいコープきぬがさへのご来店を職員一同、心よりお待ちしています。
141212kinugasa0.JPG
開店から沢山の組合員さんにご来店いただき、入場制限することとなりご迷惑おかけしました。

141212kinugasa01.JPG 141212kinugasa02.JPG
開店直後の店内の様子(左)、地場野菜コーナー(右)

141212kinugasa03.JPG
和歌山県しもつコープファームより贈られたみかんの木

141212kinugasa05.JPG 141212kinugasa06.JPG
簡便野菜やカットサラダ、カットフルーツなどが豊富になりました

141212kinugasa07.JPG 141212kinugasa08.JPG
テナントお肉の専門店、京都名代の和牛「さのや」さんが店内にオープン(左)
お魚コーナーの品揃えも充実(右)

141212kinugasa09.JPG 141212kinugasa10.JPG
産地指定のコシヒカリを使ったお弁当やカットサラダセット、サンドイッチなど豊富な品揃えの総菜コーナー

141212kinugasa11.JPG
午前中に1000人を超える組合員さんにご来店いただきました。

コープ烏丸 建て替えによる閉店のお知らせ

2014年12月10日

京都生活協同組合

 このたびコープ烏丸は、土地建物をお借りしている地権者との協議により新しく建て替えすることとなりました。 
 それに伴い、本年の12月31日(水曜)午後6時をもって現店舗をいったん閉店させていただきます。
 新しい店舗は、2015年12月開設予定です。
 閉店期間中は大変ご不便をおかけしますが、なにとぞご了承くださいますよう、お願いいたします。

ご案内チラシはこちら⇒チラシ表面.PDFファイルをダウンロード
チラシ裏面.PDFファイルをダウンロード

■近隣の店舗のご案内
コープさがの  ・コープ二条駅  ・コープ西陣  ・コープきぬがさ

「被爆者を励ますつどい」ボランティア募集

2014年11月26日

京都生活協同組合

京都府下に住む被爆者の方々を励まし核兵器廃絶を願う「被爆者を励ますつどい」は、今年で50回目を迎えます。昨年は被爆者とその家族の方々が101名、ボランティアなどを合わせて、約200人が集う場となりました。
京都生協では、他団体とともに「つどい実行委員会」に参加しています。実行委員会では、会場設営やプレゼントのお渡しなどの「つどい」当日のボランティアを募集しています。被爆者の証言を聞く貴重な機会にもなりますので、ぜひご応募ください。

被爆者をはげますつどい
■開催日時:12月23日(火曜)午後1時~3時
※ボランティアは午前9時30分に集合しますが、可能な時間からの参加も歓迎です!

■開催場所:ラボール京都・ホール (市バス四条御前停前)

■問い合わせ・申し込み:南ブロック事務局
                フリーダイヤル0120-075-238(担当:高木)

水銀体温計&水銀血圧計の回収実験を実施します!

2014年11月18日

特定非営利活動法人
コンシューマーズ京都(京都消団連)

下記のイベントで、「水銀が含まれる廃棄物」の適正処理を求める啓発活動を行うとともに、「家庭で眠っている水銀体温計・水銀血圧計の回収実験」を行います。みなさまのご協力をお願いします。

<京都コンシューマーフェスティバル2014>
■日時:11月30日(日曜)午前10時~午後4時30分
■場所:みやこめっせ

<京都環境フェスティバル2014>
■日時:12月13日(土曜)14日(日曜)午前10時~午後4時
■場所:パルスプラザ

コンシューマーズ京都お知らせページ

ご案内チラシはこちら⇒PDFファイルをダウンロード

※京都生協はコンシューマーズ京都の会員団体です。

「福島の子ども保養プロジェクト募金」に協力ください

2014年11月10日

京都生活協同組合

 被災地の中でも原発事故による被害が甚大な福島では、今なお12万人を超える方たちが、県内外への避難生活を強いられています。福島県生活協同組合連合会は、震災直後から福島県の被災状況を全国の生協に向けて発信し、「安心して住める『福島』を取り戻すための活動」に諸団体と力をあわせて取り組んでいます。
 「福島の子ども保養プロジェクト」も「安心して住める『福島』を取り戻すための活動」の一環であり、2011年12月からスタートしました。原発事故の影響により、思うように外遊びができなくなった子どもたちとその保護者を対象に、週末や夏休みを活用して県内外の放射線量の低い地域でのびのびと過ごしてもらおうという活動です。
 このとりくみには、 日本生協連を通じて全国の生協に協力が呼びかけられています。
 京都生協はその趣旨に賛同し、組合員のみなさまに「福島の子ども保養プロジェクト」を支援する募金への協力を呼びかけます。

■共同購入・個配での募金方法
 11月4回~12月3回のOCR注文用紙で募金できます。
☆自動引落としの方/商品代金と一緒に次回引落としさせて頂きます。
☆ 現金支払いの方/次回のお支払い袋に募金名・募金額が記載されていますので商品代金とともにお支払い袋にご入金ください。
131118_bokin1.jpg

・ポイントによる募金
 利用メリットでたまったポイントから募金する場合は、11月4回~12月3回の共同購入・個配注文書の6ケタの注文番号記入欄に「279960」の番号と口数をご記入下さい。

■店舗での募金方法
 サービスカウンターに募金箱を設置しています(11月10日から12月12日まで)

※集まった募金は全額、日本生協連を通じて福島県生協連へ送金します

夏の省エネ・節電のとりくみへのご協力ありがとうございました!

2014年11月06日

京都生活協同組合

 「省エネチャレンジシート」の提出、「我が家の省エネ・節電の工夫」「グリーンカーテンコンテスト」への投稿をありがとうございました。

 くわしい報告についてはこちらをご覧ください⇒夏の省エネ・節電のとりくみ報告.pdf

 なお、2014年12月から「冬の省エネ・節電の工夫」の募集を行う予定です。
 こちらにもぜひご投稿ください。

きょうされん第37次国会請願署名ご協力ありがとうございました

2014年10月31日

京都生活協同組合

 京都生協がきょうされんと共に取り組んだ、第37次国会請願署名と募金に、多くの組合員さんにご協力いただき誠にありがとうございました。きょうされん京都支部から国会請願行動の報告が届きました。

 第37次国会請願署名は、2月から3月に国会議員地元事務所訪問と、5月29日の国会請願行動の2つの行動を軸に取り組まれました。2014年1月に障害者権利条約への批准が国会にて全会派一致で可決。2月21日にその効力が日本にて発効されるという歴史的な情勢の中、「障害者権利条約に恥をかかせないで~世界のルールを日本でも~」をスローガンに取り組まれました。「障害者権利条約」とは、2006年の国連総会にて採択された21世紀初の人権条約であり、「障害のある人も、ない人もわけ隔てのない社会」の実現がうたわれた意義深い条約です。
 全国で集められた約118万筆の署名は、国会へ提出されましたが、残念ながら、衆議院で保留、参議院で不採択となってしまいました。しかし、今回のとりくみを通して、地域の方や議員の方より信頼と共感の声をたくさんいただく事ができました。私たちの願いが大きな賛同を得ている事を力に、今後も「障害者権利条約」の批准にふさわしい社会の実現に向け、積み残された課題の見直しを求める運動を続けていきます。

           署名数             募金類

全国       1,182,217筆          37,788,244円

京都        173,728筆           8,229,814円

うち京都生協    11,984筆            3,102,748円

きょうされん京都支部